スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    夢見【3】誕生日騒動記~1





    (1100字)
        学生が団体旅行で泊まる時に利用するような安宿の宴会場に向かう、私。前日が誕生日だったが特に何かがあったわけではなく、まあこの齢になればそんなもんさと思いつつ、実際にはどんよりと続いている落胆が少なからずあることは隠しきれずにいた。その未練がましさが余計憂鬱な気持ちにさせていた。
     入り口にたどり着き、安っぽい材質で立て付けの悪い襖を開け顔を左に向けると意外に広い部屋となっていた。襖を引いた目の前の天井がやけに低く見えたが、それは部屋の天井中央部から隅の畳の縁部分辺りまでを斜めに貫く、非常に太く漆喰で塗り固められた柱のせいだと分かる。
     
     部屋の中の間取りはT字の形をしていて、つまり入口部分はTの長い方の一番端のあたりという具合だ。目の前には浴衣を着た男女が一列に整然と座り、旅館向けの一人用座卓が銘々の前に用意されている。
     そして、何か嫌な予感がした。遅れて到着した私を待ち構えていたかのような、タイミングを見込んだある瞬間まで何かを無理に抑えている雰囲気と言ったらいいか、あるいは空気がガラっと入れ替わるこちらの行動一つを、今や遅しとしている集団の息遣いとも呼べる熱気がそこかしこから紛々と漏れ出していた。

     短い線と長い線の交差する地点までとりあえず周囲を見回しながら歩く。天井や一般的な家屋の造りよりもやや高い位置にある鴨居あたりから、紐やら飾り付けやらが多数ぶら下がっている。折り紙を六等分くらいに切り輪っかにしたものをつなげたアレだ。小中学生が何かの行事のたびに無理やり学校に作らされるアレが、そこら中に様々な色の橋をかけていた。
     こりゃ手作り感満載だなと少し小っ恥ずかしいような気になるも、見慣れてくるとそう悪いもんじゃない。むしろ、わざわざこんな慣れもしないことを不器用な手先でやっとこ拵えていたのかと思うと、余程大変な苦労だっただろうにと感謝感動の気さえしてくる。
     交差する地点の前までたどり着き、ふと見上げて右を向くとそこには鋲打ちされた大きな白い紙に、綺麗とは言えない字で大書された私の誕生日を祝う文句が踊っていた。
     皆がニコニコしながらこちらを向いていた。一旦落ち着いて周りをぐるりと見渡せば、ゆうに五十人以上は集まっているのだった。端緒になる言葉がなにか一言でも発せられれば、瞬間後には堰を切った怒涛のどんちゃん騒ぎが始まってしまいそうな勢い……!!
     感謝の気持は勿論ないわけではないが、大人がたまにしかしないはずの彼らの屈託ない心からの笑顔を見ていると、私はその表情に応えられる言葉を持っていなかったことに気がついた。恥ずかしさに耐えられなくなり、近くにあった掛け布団を頭までかぶってしまう。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    スポンサーサイト

    テーマ : ねごと
    ジャンル : 小説・文学

    小説メモ(イメージとしての習作)【2】宛先のない手紙~2





    (889字)
     4、5キロ手前の野営地で一晩を明かし、最低限の荷物だけを抱えて力なくうなだれ乾ききった灌木たちの無人の荒野を抜けていきました。
     戦場はひどく荒れていました。足下の砂と細かい石に少し気を取られながらも一歩を踏み出し、再び顔を上げ周囲を見渡したのです。瞬間、目の前で何が起こっているのか理解出来ずにいました。が、しばらくして次第に目が馴染んでくると、そのあまりにも凄惨な光景に今度は思わずめまいを感じてしまい、近くにあった朽ちかけた木の柵へ手をついてしまいました。恥ずかしながら、なにやら膝が勝手に震え止まらなかったことも今でも覚えています。
     ですが額の汗をぬぐい顎をひき唾を飲み正面を向き直りました。決して二度目は俯かず、睨みつけ、いえ……見据えてやったのです。そうです、勇気を取り戻したのです。この身に鞭を与えたものは、自分自身が少年時代の頃のあの勇士に対する憧れと、それだけではなく、立派に恥じない働きをし彼らとともに永遠に天の世界で生きようといった、希望によってなのでした。さらにその足をもう一歩二歩と踏み出しました。
     歩けど進めど死体ばかりでした。泥にまみれ自らの血液に窒息しそうなほどに血を流し、伏せ倒れた兵士。塹壕の縁に上半身を載せそのまま息絶えた兵士。彼らの体は風が吹くたび子供たちが向かい合って座る遊具のように、ゆっくりと行ったり来たりを繰り返していました。酷たらしくも体の各部のいずれかをかなり失い、生あるうちに苦しみに死んだのかと想像されると、僕は自分の目頭を押さえずにはいられませんでした。ですが乾ききった砂では一時的に弔ってあげることすら出来ません。彼らの死を称え報いつまり先へ進むが、そのときその場にあるものの生なのです。
     我が軍の前線部隊が一旦撤退し現在はにらみ合いの状態だったのでしょうか、激戦の間隙を縫うことに成功したのかもしれません。敵陣には難なくたどり着いたのでした。一時は強かった風も急に収まり、戦場を炎熱と死臭の坩堝と化していた太陽さえも静かな暗雲に身を隠しました。この人生の最後に向けて自然でさえ、なにかその活動を遠慮しているかに思えたほどです。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    テーマ : 物書きのひとりごと
    ジャンル : 小説・文学

    案内・告知【7】新たなカテゴリ“日記”投稿しました


    これらの内容はごく普通の、昔書いた「日記」です。随分以前から、日記をつけなければとでもいったような義務感に似たものは持っていたのですが、ただ無精な性格と言いますか結局は根気がないから駄目なのですね。思い立っていざ初めてみても、毎回半年ともたずに止めてしまうのです。まさに日記としても日記書きとしても落第なのですが

    今回投稿するにあたり、骨子はそのままに当時の雰囲気は残すよう極力配慮しつつも、あまりにも稚拙な箇所には手を加えました







    [貴方の応援が励みになります!!]

    テーマ : 更新報告・お知らせ
    ジャンル : 小説・文学

    日記1998【1】若い頃は他人を語る身の程を顧みない





    (1998/05    1242字)
        やっと奴が物事を相対化して見る、多少遅ればせの感もありながらも年齢に追いついた視点を獲得したようだ。ただし自己相対化はまだみたいだ。でも敢えて完璧な物事の絶対化、ここでは決め付けをする奴がいても面白いだろう。俺は嫌いだけど。

     俺はN上のことを特別な友人だと、またはそうありたいと思っている。
     何故彼に対してなのかというと麻雀をやっている時や一緒に行ったカラオケの曲と曲の合い間、おそらく彼にしか感じ取れないいくつかの単語を散りばめ、思わせ振りに、ちょっと高度な機知に富んでいるつもりの話を誰に求められるともなくの調子で口を開く。
     場の雰囲気としてはそれなりに相応しく、彼ら思い々々に座る、おおまかな中間地点へ向けて発したあとなどに興味深い様子になる。それはN上に理解されることを目的にしてはいても、必要以上に秘密めかしてもいないもので皆にも聞こえるくらいの声の大きさだし、彼らに関係のない話題でもない。
     直後に顔を見るとN上は全てを理解した上で単純にそれへの意見や感想を口にせず、応えたのちにまずは見せたであろう余韻を先出しに示しつつも、別の人間ならば応答に沿う際の反応的な感情でしかない表情は、彼にあっては異なり、妙なる内面の複雑さを確かに示す形だ。こちらは何やら先だって語りかけた、もったいぶった観は味付けとして加えながらも実際にはさほどのこともない雑事の類いや冗談について、実はお前が気づいていないだけで隠された重要な意味があるのだと、彼の本当の理解と省察を伝えてもらえるきっかけ、あるいは謎解きを与えられた特権的な心境となるような顔で見返してくるのだ。
     もうひとつ、これは誰にでも程度問題として言えるだろうが、彼の本音が他の友人に比べて特に読み取りにくいのだ。こちらにも分からないことが多くあり、まあそんなのは当たり前であると言われれば、確かに知ろうとするほうが傲慢なのかもしれない。しかし、俺にとっては非常にワクワクさせられる。

     彼の笑顔の裏には誰もが知っているものとは違った、ある種正体のしれない魅力がある。普段のごく健全な明るさにやんわりと隠されていようと、同性をも惹きつける一種の蠱惑的とまで表現出来る、周囲の者への引力――ここまでは付き合いの長い友人の数人が彼から、はっきりとは意識・言語化されず、しかし確実に逃れ難く受けているであろう印象または影響としてまずあり、さらなる先は多分俺だけしか感じていないのではないか。
     それは愁いだ。なんだか妙な言い方になったかもしれないが、似た感覚を受けるように思えてならない。陰と陽、光と影といった具合に、何らかの対極する感性を強く彼が併せ持っているというか、いやどうにも気になって仕方がない。人間なんてみんなそうだと指摘されればまあ至極当然であるにせよ、彼の場合はこちらが受け取る振幅が時々に、随分大きいと感じる。
     とりあえずこんなところか。俺は何かというと他の友人とN上を比較・対照してしまうのは悪い癖かもしれないが、彼には興味が尽きない。




    [貴方の応援が励みになります!!]

             

    テーマ : エッセイ・散文
    ジャンル : 小説・文学

    エッセイ(物語構成)【2】パラソル・パラダイム~3





    (999字)
        何故そんなことをするのかといえば前に説明した通り、男の力の優位に対して女の身体の不安定さと母体の保護に対して、意識的なものと無意識的なもの両方からの要請がまずは第一の理由だ。つけ加えれば、未分化な肉体的欲望の充足への期待もないわけではない。中学生がそこまで感じる、はあったとしても、考えるまでに器用な存在なのだろうかとの疑問もあるかもしれない。彼らなど小学校高学年生からの退行すら見られる、少しばかり高等な知能を持っただけの猿の集団ではないかと。
     確かに彼らは猿と同等の生物と言えなくもないが、であってもうまい具合に出来る者とそうでないのがいるのだ。うまく出来る者たちは思春期の数年間を通じて恋愛経験の雛形を自らで知り、体験して作り直し、正しい形といったものを後年に実現する力を持つ可能性が高くなる。
     そうでない者はいつまで経っても、例えば中学生活の上では女子生徒をからかい同性の友人と馬鹿なことを繰り返す、相変わらずの日々である。数年後には歴然とした差が開き、一方は幸せな家庭を築いているかもしれないし、リア充かもしれない。もう一方は恋愛未経験、恋愛無能力者である可能性も前者に比べれば高いことは否定しづらい。
     あくまでも可能性であり、中学時代の異性との関わり方だけで一人の今後全ての恋愛の機会を奪い、また見失わせるというわけでは勿論ないが。

     そろそろ僕のささやかなエピソードに移ろう。
     あれは中学二三年生のいずれかだったと記憶している。その日は朝から雨が降っていて憂鬱な気分だった。雨模様のせいもあって、窓から見える空がいつもよりもさらに暗く思えた。廊下では蛍光灯が全て点けられ、それでも薄暗さが廊下の隅あたりから漏れ出て照明が弱くしか届かない場所にまで忍び寄るように。
     理由は忘れたが昼食前の一時限は自習ということになり、次回の授業に出る範囲の教科書数ページ分をちゃんと勉強しておくようにと黒板に書かれていた。ノートに録れとは書かれていないので、僕は机に入れっぱなしにしてあったものの中から、必要な一冊を取り出して適当にめくってみる。早速読み始めるが、指定された範囲は狭かったのですぐにやることが無くなってしまうと、先生側の指示の足らなさに少しだけ苛立ちを感じてしまうのだった。仕方がないのでノートに重要な部分だけでも写すかなどとうまい時間の潰し方ついて、一人周囲を見回しつつ思案をしていた。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    テーマ : エッセイ・散文
    ジャンル : 小説・文学

    夢見【2】彼女は何をしている~3(了)





    (828字)
        おそらく数分後だろうか、もう一度中に入って今度は全く顔も確認せず、すぐに反対から出た。やけにすんなりと。私が最初に車内を通り抜けてから一度もドアは閉められていなかった。
     
     小さな子供は飽きずに、自作のダンボール製の小さなトンネルをくぐる遊びを何度も繰り返す。子供にとってよく親しまれたものであるわけは、恐れと発見を交互に体験し克服していく過程にある。その行為は大体は子供に寄り添い、育みの手助けをするものでもある。ただ、暗闇の内部に入ろうとするとき淵に差し掛かる自分の手が陰に覆われ始めると、そのまま暗闇に飲み込まれてしまわれたらと子供は必ず考えるだろう。
     大人になり、持って行く場所や目的のない感覚は大抵どの時点かに置き去りにされている。私は忘れかけて、いや多分忘れていた、少し不気味でそれでいてみずみずしい子供の心。それが分かったような気になった。何故か肌色の微熱を持ち、同時に湿り気を帯びて冷めざめとも映る感覚が自分の中から完全には失われずに残っていたことがうれしく感じられたが、瞬間どこかで、何かの噛み合わせが少しだけズレたみたいだった。
     
     私が現在いるところは……、国道沿いのファミリーレストランに設置された駐車場の出口付近のはず。出庫しやすいように目の前にある路肩の縁石が一段低くなっていた。これ以上何かについて考える必要も感じずに、しばらくそこに佇む。
     数秒後か数分後だったかはっきりしないが少しの時間が過ぎたのち、気がつくとゴムタイヤが何かを確認するようにゆっくり、地面の細かい砂利を踏みしだく音が近づいてきた。
     やがて直前に起こったことなど全て忘れ去られ、というか何事も無かった、あるはずも無く繰り返される、日常風景内部に発生する一連動作の強固さとでも表現されるほどの殺風景な当たり前さ、それと気づかぬ分厚いさり気なさを以ってフードを被った4人組を乗せた車が目の前を通り過ぎて行った。誰が運転をしているのか私には一瞬気になったが、結局そのまま見送った。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    テーマ : ねごと
    ジャンル : 小説・文学

    小説メモ(イメージとしての習作)【2】宛先のない手紙~1





    (960字)
    『この手紙を受け取った人へ、僕のことをどうか探さないで下さい。あなたが誰であろうとも、僕には会う資格はありません。ただ、何故このように最後の手紙を出すことになったのか。その理由だけは伝えておきたいと思ったからです』
     この手紙を書いている者はもはや落伍者、いや廃人も寸前。あのような悲劇に見舞われるとは思いもしなかった。ああ、運命とは時に狂気の牙を向き、その憂うべく餌食となったのは、力なきこの僕だ。
     悲劇、いや喜劇と人は呼ぶだろうか? とりあえず今一度、これを最後にあの記憶をたどってみたい。この身にとっては無意味な拷問であり、残酷な、歴史の姿です。

     僕はとある村の村長の義理の息子という立場でした。そこではほとんど有史以来といっても良いくらい、争いが絶えることのなく繰り返されている村だったのです。
     いえ、別に村の中での争いごとではありません。それは隣村との土地のことや川の水を効率よく引くための水路のこと、他にも争いの種になりそうな案件は山ほどありましたが、結局はそのどれにしてもがおそらく、外の人間からしてみれば大した問題ではないと感じられる程度のものなのかもしれないと、特にこの手紙を書いている現在の僕にとっては認めないわけにもいかないのでしょう。最近でははっきりした理由もなしに隣村との争いが起こるという状況になっていました。
     ですがそれでもひとつ言えることがあるとすれば、元々の原因はこちらではなくあちら側にあるのです。つまり隣村の連中のほうにあったと、伝えられています。皆と同じく当然それを信じていました。
     村では戦への機運が高まりつつあり、そのようなことは村長の義理の息子でもある僕の耳にも毎日のように入ってきました。
     それから数週間が過ぎて、ついには自身も出征すべき状況であると判断しないわけにはいかないところまできてしまったのです。義理の父の村長は総大将の跡目が死んだらこの村は終わりだと言い、なんとか止めようとしているようでした。ですが、この村の勇士は数多の歴戦によって皆華々しく散ったというのが伝えられ、それが子供の頃に昔話として読み継がれていた際には、なんとも体が打ち震えるような感動を覚えたものです。自分もいずれは彼らと同じく勇者の末席にと当時に考えていたことを忘れていません。僕は戦場に赴く決意をしました。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    テーマ : 物書きのひとりごと
    ジャンル : 小説・文学

    案内・告知【5】更新しました


    エッセイ【2】パラソル・パラダイム~2
    投稿しました
    五分割にしましたので、残りは三回です




    [貴方の応援が励みになります!!]




    テーマ : 更新報告・お知らせ
    ジャンル : 小説・文学

    エッセイ(物語構成)【2】パラソル・パラダイム~2


    (947字)
        中学生になると小学校高学年の頃にはほとんど少女に傾いていたクラス内の力関係のベクトルは、やや反対に揺り戻されているといっていい。体の成長に関していえば中学生になると男女の一時的な逆転現象はなくなる。
     ただし相変わらず男子は児童から生徒の時代に至るまで、そもそも同性同士で作ったグループ内での役割や友人関係を最も重視していて、彼らの関係の中で往々にして求められる行動やその性質は、どうしても乱暴・粗雑なことであったり、幼稚な感覚に異様な執着をしてそこに楽しみを見出したりと、まだまだ同性との関係自体が未熟な形成段階である。
     そういう状態からどうしても抜け出せずにいる同級生に対して、少女は云わば擬似的なミニ母親または姉を演じる感覚で、子どもじみた遊びに興じる男子生徒を叱って『みせ』、拙いながらも指導の真似事のようなことをする。

     第二次性徴を迎え身体の変化は目に見えるものとなり、またそれにともなって両性が持つ体の特長などにも無知であるわけにもいかない。男子生徒は体育や部活を通じて徐々に骨や筋肉をたくましくし、さらに身長を伸ばす。肉体の持つ男性側の優位性としての単純な力の比較について言えば、もはやその差は異性とは開く一方である。
     女子生徒はすでに力では勝ることなく、同時に一ヶ月に一回月経を迎えるある種の不安定さを宿す身になる。将来の母体という保護されるべき対象であるといった感覚も、もちろん保健体育の授業だけではなく、直に触れる自らとは異なるその柔らかい肌にも男子諸君は感じ取っているだろう。
     大人からすると、一見してまだまだ小学校時代の延長線上にある関係性が続いているかにも映る。しかし実のところ、一部の男子生徒は既に異性に対してある意味では、押し付けがましくやや一方的な主張や彼女たちの無邪気な力をある程度自由に奮わせて『あげる』、または了解や納得の度合いによっては黙って従うことで場を丸く収める術を心得始めている。女性を立てるという感覚を少しづつではあっても身に着けているのだ。
     女子生徒も、相手が一歩身を引いている状態であると分かっている上で敢えて怒って『みせる』。あるいはいつも通りの小言を繰り返すなど、相当程度の高度な予定調和と呼べるやり取りも、該当する年齢の両性における関係には存在する。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    テーマ : エッセイ・散文
    ジャンル : 小説・文学

    リンク削除要請はこちらへ

    コメント返信は苦手ですので他のコメ欄は閉じておりますが、私のブログ側から貴サイトへのリンクの削除を要請される方は、こちらへコメントを戴けると助かります。基本的に内容は非公開と考えておりますが、削除要請を戴いた方のご希望に従います

    わざわざメールを頂戴するのはあまりにもお手数ではないかと思い、このようなページを設けました
    もちろん、[junejulyonline55@gmail.com]やFC2メールフォームでも受け付けております。ですが他のメールと同一に受信します都合上、削除要請を確認するまでに多少時間が余計にかかることが起こり得ます。そちらの点に関しましてはあらかじめご留意下さい
    なおリンク削除のご確認をもってお返事と代えさせて戴きます

    追記:誠に勝手ながら、土曜日と日曜日はインターネット環境がないため削除要請には応対出来ません。大変申し訳ありませんが、ご了承下さい
    2015年11月以降、毎日対応出来るようになりました
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。