スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エッセイ(物語構成)【5】人生の仕事はじめに~1    小改訂版




     
    (2479字) 
     僕のような人間であっても、ある程度の年齢に達すれば何らかの仕事をしないわけにはいかなくなる。またはそのことに気づく。

        今までにいくつかの職場を経験してきた。長くて五年半くらい、短ければ一ヶ月といったところか。楽しみつつも自分にしては長く勤まった、アルバイトの貴重な記憶が胸の内を様々な糧となって巡りもすれば、如何ともし難い上司の元で仕事も碌に覚える前に辞めた(クビになった)正社員もあった。
     ともあれ、現在のこの地点にいるということは、連綿(おそらくボロ綿に違いない)と続く過去と呼んで差し支えないものが一応曲がりなりにも存在していた証でもあり、つまり過去を振り返るのならばあらゆる物事には始まりというものがある。
     今回語ってみようと思う事柄は仕事始めについてだ。それは一般の例に漏れず、学生アルバイトからの始まりを見ることになる。

     アルバイトと言えば通常高校生からだろう。まずは仕事のそれより一歩手前でなされた、新たな生活の始まりへ少し触れたい。

        当時僕は男子校に通い始めた。別にどんなとこでも入れさえすればいいやくらいに考えていた僕には、入学式から続いていたなんとなく浮かれた気分があったのだったが、それも醒めやらぬままの第一週目の終わり、不意討ち的にこれから試験をやると告げられた。
        週明けに朝一で早速結果が配られ、点数と順位を記す細長い巻き紙の簡易的な成績表を見て目を疑った。しばらくして壇上から教師に声を掛けられ周囲の視線が一点へと集まる。こちらの曖昧な返事をほとんど受け流し気味でさらに一方的な話は続き、若干目元を緩ませた彼の口からのあくまでも他意のない風でしかない調子で報告がされた。直後には今回の全体テストで学年でも結構上位の成績だった人間がクラスにいるのだと皆に知れ渡った。なんで、……俺?

        ともかく、答案用紙の返却と同時で学力テストの結果が正式に発表される頃になると、僕の周囲にはいくらかの人が集まることとなった。勉強を一緒にやろうぜ、教えてくれないか、今度の試験のときにカンニングさせろ云々と様々に。試験の成績が少しの自信につながったことは違いなかったが、それだけだった。
     どうにも未だに実感がなかったというのもあったし、公立高校の受験を無勉強で受けて失敗したような人間である僕は、結果の点数や順位はたまたま問題の巡り合わせと運が良すぎただけと理解していた。滑り止めの私立高に無事入学し、いわば命拾いしたつもりで充分に満足していたので、さらに自分が望んだりする必要のあるものなどない――。と、本気で思っていた。これを機に心を入れ替え勉強にもう少し注力してもいいか、などとの考えは露ほども頭に浮かんでこなかったのだ。
     学校の成績自体や、まじめに取り組む姿勢等々の価値を認めていないわけではなかったし、「社会に出ていく際には重要な武器になるんだろう」くらいに、当時は当時なりの感覚で大まかに世の中の仕組みを分かっているつもりではいたが。ただ、わざわざ試験前に教科書を開き重要な項目をチェックして理解が及ぶまで数度読み込み、ノートを見なおして練習問題を繰り返しやる、という程度に面倒を進んでやる気にはなれなかったからだ。
     クラスの同級生とぼちぼちに上手くやって無事に卒業出来ればいい、そのことだけが目標だった。

     高校生活初の席決めは出席番号順だったか、隣に座ることになったD村はサッカー部に所属しているのだと、早速本人から教わった。この学校の運動系の部活はなかなか精力的に取り組んでいて成績も悪くなく、一部の球技などでは都大会上位や全国に出場するほどの実力だという。
    彼の背格好は大体僕と同じくらいに、いや、向こうはスマートな筋肉質の身体といった大きな違いはあった。
     朝練から帰ってきて教室に上気した顔で入ってくるサッカー部員の姿は、毎朝の日課となっていた。どうやら彼はまじめに練習に取り組んでいたみたいだし、特に身体の肉付きは充実したものにも映る。チームにも貢献出来るくらいの結構なレベルの腕を持っているのではないかと、傍目からに過ぎずも感じさせた。

     
        しかし彼は国立競技場に出場する(真面目に目指す)選ばれた高校生たちの多くがほぼ例外なくであるように、常にサッカーのことだけを四六時中考え、それを中心にして生活が廻っているというわけでもなさそうだった。
     大事な試合どころか他校とのちょっとした親善のイベント戦が近づくにつれ、周囲に張り詰めた空気の如きを伝播させる(場合によってはちょっと迷惑)でもなく、また将来の国立のスターになるかもしれない自分たちとお前らでは住んでいる世界が少し違うんだぜと、特にスポーツに力を入れている学校ではまま見受ける、校内エリートにありがちな傲岸さを欠片も持ち合わせていそうもない感じは好ましかった。
        言ってみれば彼らの雛型と、中学時代に少しの関わりを持った程度からの勝手なイメージで敬遠していたから。
        クラス内では自分が所属する部活の仲間以外との付き合いのほうがむしろあったくらいで、僕以外の多くの帰宅部連中とも普段から色々と馬鹿話をして笑い合っていたようだった。
     高校第一号の友人と言って間違いない。三年に進級する頃には徐々に付き合いが薄れていったものの、彼がいたからこそ、非常に充実した学校生活となった。まず始めるにあたっての順調な滑り出しとなり、以降もある意味ではその勢いがあったから上手くやっていけたのだ。とても感謝している。

     あるとき彼は「アルバイトをしないか」と誘ってきたのだった。確かに彼とは教室でよく話したし時々一緒に帰ったりもしたが、なぜ僕なのだろう。
     時折、途中から少しばかりの緊張と困惑が僕自身に生まれつつあるとはたと気づかせる。

        彼との会話、笑顔自体は明るいあけすけなものの中にも真剣な表情をもって、ほとんど一方的に何かを質問してきたり時には相談をしてきたり、そうしてこちらの言葉に目を逸らさず、要所々々で相槌[アイヅチ]を打ち頷きながらも真面目な顔つきで聞いてくれているその姿を目の前にしていると、どうにも居た堪[タマ]れなくなってくるのだった。必要以上に自分が買われているこそばゆさがあり、照れくさいような何やら落ち着かない気分だった。いつか化けの皮が剥がれ、彼は失望して僕の元を去っていく――。
     そんな嫌な想像が時々頭に浮かんでくるのだった。人によっては考え過ぎだと笑い飛ばす類のものであっても、自分の中では正体の掴めない妙な焦りや苛立ち、諦めに似た感覚が完全になくなることは高校生活中、他の友人と接しているときも常に片隅にあった。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    夢見【8】女子高生になった『しずかちゃん』(了)




     
    (1358字)
     教室を出てすぐの廊下で制服を着た二人の女の子が向かい合っている。背格好や顔つきからして女子高生だと思える。一人はドラえもんの『しずかちゃん』によく似た正統派美少女といった感じだ。かなりリアルで実写のような人物、ただタレントの誰かに似ているわけではない。
    ――普段から宿す温もりを瞳はこの瞬間も劣ろわせず、頬は多少青白い地の肌へごく薄い化粧をしたくらいの光沢がかえって若い真珠の清純を思わせ、そして例のお下げ髪をしている。おそらく普段はちょうど良くおとなしくちょうど良く控えめで、人には優しくそして頭がいいのだろう。

        もう一方は肩口までのストレートの黒髪、向かい合う相手より頭半個分の上背がありスラリとした体型をしているが、年齢相応の肉付きからくる丸みがなく、長身男性の痩せ体型が近い。眉は自然な流線形で細く柔く女性的なものであるため、眉間に寄せられるシワは似つかわしくない。それは単なる怒りや不快の表れとしてだけでなく、痛々しい訴えかけをしているようにすら見える。
        対照する冷徹な視線、そっと確かに閉じられた口元にはなんの表情もない。あるいは、抑えられている。にじみ出る内面の厳しさが他人を遠ざけかねないとの印象を傍目から受けたが、こちらも同様に美人だった。

        いくらかリアルさは薄れ、より漫画的な映像へ。展開は急に早まる。
     しずかちゃん風は流石に今回は堪忍袋の緒が切れたと言わんばかりに、今にも取っ組み合わんとしていた。対する相手もそれを迎え撃つ気、十分。
        ケンカが始まったことを担任の四十手前くらいの男性教師に教えに来る女子生徒。いつもは熱血と妙案でクラスを上手く纏めてきていて、ただ二人の間にはかなり複雑なこじれがあり、根本的な解決はなされていなかった。担任の彼はしまったと、自分の不注意と不発に終わった失策の数々を悔いながらも一刻も早く駆けつけるために全力で走る。

     しずかちゃん風がケンカに勝つ。周りで見ていた生徒がモップなどを手に持っている。場面(カメラ)が切り替わり、モップやほうきで地面の方を思い切り叩いたり突いたりしている。
     これは映像としては、ケンカに勝ったほうがまだ多少の熱気を含んだ顔で傍観あるいは見下ろしている中で、彼女の友達が相手(ライバル)の倒れたところに追い打ちをかけてメッタメタにしている状況にも映る(実際に打たれている姿は見えない)。その場面ではまるで漫画のように、地面が見えなくなるほどの砂埃が巻き起っている演出がされた。
     やっと担任がたどり着くと、実は叩きつけていたと見えていたモップやほうきなどで床を掃除していた。どうやら掃除の遣り方が取っ組み合いの原因だったとかで、今では二人は和解して皆で楽しく掃除をしているのだった。それを見てホッと胸を撫で下ろす男性教師。

    夢を振り返って:夢の内部にいるとき、私はこの設定は何度も見たことがあるやつだと気づいたつもりになり、内容も見知ったいつかのものになっているのだろうかと観察する心持ちでいた。起床してから再度振り返るとそんなことはなく初めての設定だった。何度も同じ設定を見たりするのはほとんどなく、せいぜい場面の雰囲気や展開に多少の類似が認めれられるといった程度はあるかもしれない
    代わりに、上で述べた通り「これは昔にも一回あったな」や「以前に見た夢の続きだ」との勘違いというか今回のような思い込みは結構あるのだ。夢とは実に面白いものである




    [貴方の応援が励みになります!!]

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : ねごと
    ジャンル : 小説・文学

    エッセイ(雑記)【4】ヨッチャンと不良こども~2(了) 修正版





    (1066字)
         校長に対して多少でも小学生が負の感情を持つこと自体がかなり珍しく、具体的に何かを言われたり、あるいは新任の校長にいきなり目をつけられるくらいの悪ガキだったのだろうか?
     彼が相当の札付きであったととしても所詮は小学生である。どれほどクラス内で粋がってみせようが、やはり特に大人側の教師からは子供の悪ふざけ程度にしか映らないわけだ。
     しかし、学校の中で最高の権威を持つ校長をあえて「ヨッちゃん」などと軽々しくあだ名で呼ぶとき、実は一見親しみの感じさせる呼称の裏に校長の個的な人格に直接触れることを期待する、いわば一線の踏み越えといった彼の密かな企みがそこに発揮される。立場や権力によって虚飾された権威の一部分を剥ぎ取り、自分と同じ一人間にまで引きずり下ろし相対化し自らに近づける。
     その結果、期せずして周囲の児童からの「恐れ知らず」という評判を手にすることが出来る。また教師は恐慌や腹立ちよりさらにも、自分が全てを把握し調整、操作可能な、どこまでいっても所詮子どもという枠を半歩でも踏み越えた者に対し、実際には全体像を掴み切れていないと思い知らされたことへ、根源的な気味悪さを覚えたのではないか。つまり彼という児童から提出された、無力な付き従うのみの存在として規定した大人への、一つの反抗の態度だったのではなかったかと私は見て取るのだ。
     あくまでも憶測、というよりかは現時点の私から見た面白がりとしての視点であり、それにしても彼をある意味で買い被り過ぎといえるかもしれないが。
     確かにいくらかの子どもでは社会の強固さを知り驚かされると同時、自らの無力さとの兼ね合いからそれを無視するか認めないか、または理解が及ばないままではあっても脊髄反射的な、あるいはもう少し根源的な要請からとりあえずの、しかし止むに止まれぬ攻撃性・嫌悪を代表的とされる対象へ向けることもある。余程こじらせない限り、そう遅くない時期に誰もが悟らされるにせよ。

     大体彼と私にどんな関係があったのかを全く憶えていない。そういえばそれが行われた場所は、確か人気のあまりない校庭の裏側だったはず。学校を囲う壁とグランドの間には緩衝地帯のような小さな森があり、そこを訪れると静かで気持ちが落ち着く場所というわけでも全然なく、むしろ日中は鬱蒼とした木々に日を遮られ昼間でもただ薄暗い、少しばかり陰気な感じのするところだった。
     中程まで行くとちょっとした庭園風の小さな池があるのだが、欄干のない古びた石橋が架かった袂近くでの出来事だったと思う。一度あったきりで、以降声を掛けられたこともない。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    カテゴリ外【2】血を祝す天と知の福(了)修正版





    (42行    2004年6月に記す)
    すべてが罰であり
    お前の生みの母はメコン川のほとりで
    息絶える前に
    盗みをはたらいた
    お前はその直後に産まれた
    盗品と薄汚れた金銭にまみれて
    お前は遊んだその穢れなき汚れに

    だけど誰も知らない
    お前の母が死ぬ直前に盗みをはたらいたこと
    それだけではない
    母はお前を産んだ
    それは本当だ

    だけど産み捨てたあなたが拾う物は
    金か宝石か
    愛を拾えよ捨てるな愛を

    子供は泥沼に沈み考えた
    私の命はいったい何なのか
    カラスが夕日の陰から
    颯爽と盗賊のように現れ
    ゴミだめの中からひとつの腐りかけた肉を拾う
    それを見ていた貧しき人が奪う
    どちらの手にそれはいくのだろう
    彼らの争いは尊く美しい

    命をつなげる戦よ
    それこそ本質を問わぬ、生きる
    私はそれに加われないらしい
    私は生まれつきの面をかぶった男

    カラスの羽ばたきをこの両目を見据えて
    貧しき人の悪戦苦闘を片目をつぶり
    熱っぽい空咳の愚かな神に祈りながら
    私は雨に打たれていまにも
    死んでしまう
    だけど声は挙げない
    死んでも良いから

    どうしても生きるのはつらい
    怖くて寒い猛吹雪の中
    私は歩かされる
    奴隷ではない
    無論自分の意志ではない
    私は歩く私は歩かされた
    死ぬためにけっして生かされぬ
    印を見守り抱え、歩く 




    [貴方の応援が励みになります!!]

    人気ブログランキングへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    テーマ : 物書きのひとりごと
    ジャンル : 小説・文学

    案内・告知【12】更新報告他

    夢見【7】ここは男塾ですか?
    投稿しました

    夢見のタイトルに付くナンバリングが間違えていましたので訂正しました

    テーマ : 更新報告・お知らせ
    ジャンル : 小説・文学

    夢見【7】ここは男塾ですか?(了)





    (969字)
         周囲は真夜中か、ものすごく高い鉄塔に命綱無しで複数の人間が登っている。その周辺だけが闇の中で浮かび上がり照らされている。全員で三十人近くはいるか。思い々々、とりあえず現段階で辿り着ける各自の実力に見合った場所に立ち、ある者は休憩しまたある者はさらに先を目指す。見た目はありふれた高圧鉄塔のような感じだ。
     いくらか斜めになっているために、全長の割に地表面からの高さは実際の六、七割くらいだろう。それにしてもやはり相当の高所であることには変わりない。
     全長は7、80メートル程度、実際に登った際の頂点の高さは大体50メートル近いのではないか。にも関わらず、みな実に楽しそうに精力的に取り組んでいる。あるいは、気楽に何の思うところもなしに近くの同級生と雑談をしながらの姿からして、まるでさらに年少の子供達が校庭のジャングルジムに休み時間に登る感覚とほとんど変わりなく見える。どうやら学校行事だという。
     中には手放しになって鉄骨に脚だけを乗せた状態から、大きく真上にジャンプするような強者もいる。それに成功した際には笑顔で地面の引率の教師に向かって大きく手を振り、また再び頂きを目指すのだ。

     クラス単位で参加しているらしく、途中経過として体育教師に点呼をとられる。各クラスのメンバーが元気良く答えるが、五組はその時ちょうど到着した学級委員のメガネ君一人だけしかいなかった。身体は細く、身長も160センチいかないくらいの小柄な少年だ。耳の上部から下をぐるりと刈り上げた小ざっぱりとした髪型をして、公立の中学校にありがちな白の体操着を着ている。上は半袖で下は紺色のジャージという格好だ。
     どうやら、やはりこの異常な鉄人レースは学年の行事として取り組んでいるそうで、ただ今年の五組はあまり運動神経に優れた生徒がいないのだ。彼以外、残念ながらここまでは辿り着いていなかった。やがて姿を見せるはずのクラスの仲間の分まで応えられればと、メガネ君は直立不動で幾分顔を斜めに向け、喉を嗄らしかねないほどの大声で返事をする。一瞬は周囲全体に響き渡るまで届き、先んじて鉄塔に登る生徒一同の中でも特に雑談に興じていた連中を沈黙させた。
     しかし十秒も経たずに分厚い暗闇の壁へ吸い込まれて余韻を残さず消えると同時、劣らずの音量をした怒声で体育教師に人数が少な過ぎると叱責されてしまう。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : ねごと
    ジャンル : 小説・文学

    案内・告知【11】変更があります

    実は文字サイズについて以前から気になっておりまして、この際記事内のものを一段階大きめすることにしました。私自身視力は良くも悪くもないのですが、デフォルトのままだと少しサイズ小さすぎるかなと感じたからです。現在、新しく投稿した順番で変更しています

    なお、私がパソコンで文章を作成している時のワードソフトの設定が一列37、8文字くらいになっており、それに合わせた段落構成になっています
    ですので、大変申し訳ありませんがスマートフォンなどで特に小さな画面から利用される方々には、そのため文章中の段落が少なく感じられ、逆に画面が「詰まりすぎ」て見辛くなってしまう等のご不便をお掛けしてしまうかもしれません。その際には画面を適宜縮小(ズームアウト)されるか、それでも閲覧に難を感じられる方にはPCモードへ変更してのご利用をお勧め致します
    PCモード変更のボタンは、私のブログではページ一番上の右側にあるパソコンディスプレイを模したアイコン(イラスト、マーク)になっております




    テーマ : 更新報告・お知らせ
    ジャンル : 小説・文学

    日記1998【5】私の破綻面接日和(了)





    (1001字    1998年6月15日に記す     2012年6月補筆修正)
         本日、造園工事の仕事を請け負っている会社に面接に出向いた。場所は地元から近いとは言い難い。今まで受けてきた面接場所に比べれば、倍以上の時間を有しただろう。
     まず山手線を降りS駅まで、改札を抜けると目の前にはバス・地下鉄といった具合に案内が出ているのだが、両出口でバスが出ていることを知らず、そのくせ職安でどちらのバスターミナルに行けばいいのか教えてもらっていなかったのだ。とりあえず私は歩きなれた東口から見て回ることにした。
     と言っても、その頃の時間は決して予定よりも早いというわけではなく、実際のところは順調に行かなければ時間はすぐに足りなくなる状態であるが。
     すでにだいぶ歩き廻り、改札を抜け東口の奥まった所まで来てしまっていたので、違っていたらと一瞬でも考えると小便が漏れそうな恐慌状態だった。結局東口のバスターミナルではなく逆の西口だったらしく、私は歩いてきた道を引き返す最中にも何となく足が上手く進まずもつれる気分で、もうはっきり言って億劫になりつつあった。どうせ間に合わないなどという風に、自分で悪い方向へばかり思い巡らせるようになってしまう。悪い病気が再発したか、それまで抑えていた不安は一気に増大した。
     
     一応あっているはずのほうへ向かい、早歩きをしながら額から流れる汗を袖で拭ったついでに時計を確認すると、逆算する限りではぎりぎりまだ間に合う。すると妙な使命感の如きものが無闇にも沸き起こり、探していたバスターミナルが遠くに見えてきたせいもあってか、急がなければ急げばなんとかなるんじゃ、と焦って次第に小走りになりながら人波を掻き分け進み、目的のバスターミナルを目指した。
     正直に言って結果はさほど気にしていなかったが、なにはともあれ面接には行きたかったのだ。私には面接を無事にこなした既成事実が欲しかったというのが嘘偽りのない気持としてあり、本心の半分を占めていたのだと言えるだろう。
     残りの半分は、就職に対する少なからぬ意志である。そこにはこれ以上親に心配をかけるわけにはいかないとの理由が、確かにあった。複雑な心境である。仕事に就いていない場合、特にこれといったメリットがないのだからもちろん就いているほうがいい。このことについてはまたのちにでも書きたい。考えが纏まりそうならば。
     運よく時間に間に合い面接場所にも辿り着き、どうやら無事終わったのだ。あとは結果を電話の前で正座して待つしかない。         




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    エッセイ(雑記)【4】ヨッチャンと不良こども~1





    (936字)
        顔を歪め顎をしゃくりながら、「ヨッちゃんがよぉおー」と苛立ちを込めた声を発しつつ腕を伸ばし、全く身構えることなくいた私の腹をおもいっきり掴んだ上級生は一体誰だったのか。顔はなんとなく憶えているが、名前は分からない。おそらく不良予備軍のようなものではなかったのか。向こうは六年生、こちらは三、四年生くらいだと思う。
     ちなみに「ヨッちゃん」とは前年か当年度あたりに着任した新校長である。下の名前からそういったあだ名を勝手に彼がつけたのだと予想した。
     一教師に対してなら場合によっては親しみの視線とともにあるいは皮肉や嘲り蔑みを込めて、特に後者の場合結局は直接的過ぎてひねりのない、または身体的な特徴などから安易に考えだされた幼稚な名前が与えられることもあるとはいえ、小学生が校長にあだ名をつけようとする自体が普通はありえないだろう。
     一番の理由としては相手の反応が帰ってこないからまず面白くもないし、仮に学年中に広がり自分が言い出したことがもしバレでもすれば、上からの叱責を恐れる(この部分の場合によってシビアな関係性は、小学生ではあまり理解していないかもしれないが)担任にひどく怒られるかもしれない、と子供特有の空想的な慴れの感情があるきっかけで突然に生まれ形を成し、わずかにでもそれに思い至れば。

     校長という存在は自分たちのクラスを受け持つ一般教師とは異なり、接点を持つ機会がない。
     それにある意味では、人生で初めて身近に接する『偉い人』である。自分たちを教育する教師の上に立ち、まとめ上げ命令を下す――従来までは大人である担任の先生であっても、接する機会の多い人間に対しての情を基にした関係性から、相応程度の親密さを込めたコミュニケーションを取ることが出来たとして、校長にはそれがほとんど難しい。彼らにとっては校長への距離は限りなく遠いのだ。
     まるで社会の厳格さを表す最も外側の殻を初めて目にする現実でもあり、自分のような子供のことなど歯牙にもかけない人間によって構成されている、社会の成り立ちの強度を、また『偉い人』のいる場所は一見近しく感じられながらも、越えがたい壁の分厚さがあるのだと思い知らされる。小学生ごとき者にとっては不可侵な存在といっても言い過ぎではない気がするのだ。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    夢見【6】知らない夜のなか(了)





    (620字)
        祭りの夜だった。頭に届きそうな高さに照明用の電線があちらこちらに張り巡らされ、近づけば火傷しかねないくらい白熱電球がどぎつい程に輝き、夜の闇を追い払う。出店が向い合って列をなし狭い通りを形成していた。人々が作り出す熱気とざわめき、油や種々の調味料が熱い鉄板で焼かれる匂い、テントの隙間を縫うように上空に沸き上がる蒸気、様々に他愛のない遊びに興じる男女または親子の歓声が周囲に溢れる。その通りを歩いている私。

        露店は連続して並んでいるが、ちょうど敷地の角にあたる部分には落葉樹の大木があった。その近くを設置場所とする人々は木を背にしてというわけにはいかないので少しばかり間を空け、太い幹をぎりぎり避けるようにずらした位置にテントを張ることになる。つまり大木の目の前は、ちょっとした空きスペースとなっていた。そこはいつの間にか、祭りに疲れた人間のしばしの憩いの場となっていたのだった。

        私は背を凭せ掛け、しばし人を待っている。友人だった。かつての友人、今でもそのつもりだったが、向こうはどう思っているのか分からない。失言によってプツリ  と糸が切れたあの時。

        誰も来そうもない。知らない街でいつかに行われる祭りは、なんとなく怖い。街中をさまよっていると次第に闇の中で薄ぼんやりした提灯が手招きをしている。懐かしい人と再会出来そうな少しズレた世界に入り込んだことを、闇の濃さ、周囲の人々の笑い声、そして自分の足音がいつもより大きなものとなっていることからそう感じる。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村

    テーマ : ねごと
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。