スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日記帳から2003-2004【5】元女王~4






    (1624字)
     やはり金銭の誘惑に勝てなかったのか。しかし今では中高生でも知っているように、一度裸を見せてしまえば上、つまりTVショウビジネスに片足を踏み入れたかどうか程度のタレント候補、あるいは他の世界から転向を目指す人は芸能界の少なくとも王道的場所には働けない。タレントであっても一定以上の地位にいなかった場合、戻れないといった暗黙のルールがある。
     どうしても必然性のあった映画上の表現以外で、若いうちに裸を見せた場合は芸能界内のヒエラルキーは一気に下がる。次に待っているのは、裸か性行為に近いものが露骨に端的な性的興奮を表現する手段として使われる、そんなシーンの映ったVシネマが活躍の場所になる。
     果たしてどんどん活動の場は狭まり、TV視聴が芸能の世界の人間を目にするほとんどの機会である、いわゆる一般的な人々の視界からそのタレントは消えてしまったということになるだろう。彼女は何になりたかったのか。

     前置きが長くなった。ヌードになった時点で少なくない金額はもらえるかもしれないせよ、競技に戻るなどは120%無理であるし、さすがに復帰(一旦辞めたとして組織に籍があるならば、か)を期待しているほど本人が世間知らず、脳天気だとは想像しづらい。一体これからどうしていくのだろうか? AVにでも出演することになる?
     協会とどの程度の争いになったのかは知らないが、その動向如何ではAVであってもメイン路線のメジャーレーベルから出演作を販売するのは、難しいのではないかと推測する。例えば「競技X」や「女王」という単語を使ったら協会が損害賠償を求めるか、今以上に剣呑な状態になってしまえば活動を自粛しなければならなくなるかもしれないし、せっかく裸になった目論見も潰れてしまうことになる。これからどうするのか、そもそも何がしたかったのか。

     今回のヌード問題からは離れるが、最後に少しまとめてみたい。私は、世の中にはあまり多くの人に広がり過ぎないほうがいい情報があると思っている。知らない人間の近くにまで行って耳を傾けさせる必要のないものだ。誰が受け取るか事前に分からず、不特定多数の目に晒される状態で世間に垂れ流す行為は、本来は非常に危険であるし無責任な姿勢でもある。垂れ流す側のメディアの人間は自らの責任といったものをどのように考えているのか。
    「権利」を保障するためといささかヒステリックに宣言したその実、大上段に構えられた特に写真週刊誌などが口にする希釈された「権利」は、人間が根強く持っている俗的な欲求を満たすことが根本の原動力ともなっているのだ。

     諸問題における、一般的に望まれるメディアの姿勢として、まず核心部に直接関する場所から情報開示を求め、あるいは内部告発を促し、外部からは必要項目の調査・追及を行い報告がなされるはずが、次第に拡大する興味本位の卑俗な目的に遣われた上で一方には悪者叩きが流行していく。
     週刊誌を愛読しつつも、段々と問題の焦点がずれ対象がはっきりとしなくなり、嫉妬や漫然とした世の中への不満感からすり替わった義憤へと駆られているスクラムがっちりの読者がいて、大衆に伝える側も主張するほどの根拠もないと本当は分かっていながら、一応に正当化の文言として「権利」をしばしば口にする。結局は正面からまともに扱うというよりも劇化、扇情化による部数増を求めての営業戦略でしかない。
     その意味では両者の共犯関係が人のプライバシーを侵し、スキャンダルを大袈裟に騒ぎ立て、またはありもしない犯人を作り出すことに血道をあげるのである。
     多少なりと当初興味を掻き立てる狙いであっても、国家や地域に関わる政治・経済の問題、または重大な外交行事や世間の耳目を集める凶悪な犯罪の類といったものは、市民としての権利、社会の秩序安寧のためにも、確かに「権利」をどこまでも担保された上で知るべきを知らなければならない(または受け手との関係性によっては、その責任が発生する)といえるだろう、が。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 物書きのひとりごと
    ジャンル : 小説・文学

    日記帳から2003-2004【5】元女王~3





     
    (1669字)
    「競技Xの女王」は本物なのか偽者なのか。これは女王の定義にも発展させることもやろうと思えば出来る。利害の絡みあう人間同士が納得する結末とはどのようなものか、いずれの結果であるにせよ一旦もつれ始めれば時間のかかりそうなところである。
     つまり前段で真偽はすぐに決着がつくと書いたが、それは言ってみれば所属している組織の影響を無視出来ない程度に受け、普通に考えればまずあり得ないが未だに従わざるを得ない立場にいる状態(コーチや事務方を目指すならば、完全に競技Xの業界から干されればその道も断たれる……しかしもう遅いはず)か、もしくは問題にならないくらい「女王」の地位から経験、成績が遠い場合を想定している。前者では、虚偽であるならば自らでいずれ認めるしかないし、後者は一顧だにされず切って捨てられるということだ。

     仮に現在彼女が現役選手を引退している場合、さらに選手名簿から除名されているならばなおのこと、組織に従わせる力は強く働かない。首を縦に振りたくなければ「あなたは女王ではない」という宣告を受け入れないことも難しくないから、長引くかもしれないのだ。
    「彼女は女王(いわゆる)、チャンピオンであったことは無く――」授業でY先生の読み上げた週刊誌に掲載された協会側の発言である。これらは書かれた内容と一字一句確かにそのままなのか、加えて私の聞き違いや日記を書くにあたっての記憶違いもあり得るのは確かに認めた上で、この短い文からだけでは現在どういう立場にいるのかはっきりとは分からないということだ。

    「あったことは無く――」文面情報から読みとるに、協会側が嘘をついているとも思えないので今まで一度もチャンピオン(協会の定義するチャンピオンが正確には分からないが)にならなかったのはまず確実ではあろう。次に日本語として普通に理解すれば、まず多分、おそらくは現役ではないと伝えているのだろうが、私が記憶しているワンフレーズの文章には引退したかどうかが記されていない。とはいえいくらでも含意を察することは可能だし、記事の一文を目にした日本語話者の多くは同様に考えるであろうが、しかし確定的な判断は出来ないから、ここでは仮定にいくつかのケースについて考えてみたのだ。

     いささか実も蓋もない言い方になるかもしれないが、結局問題の女性も、自分が「女王」でないことは知っていたのではないかと思えてならない。競技Xの世界に身を置き、相応の才能と長年の努力で国内では常に上位の成績は出せるようになっていたのかもしれないが、しかしスポーツ界の「女王」とは一般的に言って女性のチャンピオンである。しかも才能のある新人が競技を始めて即その世界の頂点に上り詰めたとしても、または辛勝やギリギリの判定の末に勝利を掴み取ったとして仮に一度きりの短い期間の頂点であった場合、通常どちらも「女王」とは言われないのではないか。
    「女王」とは一定期間頂点にいるか、あるいは一度落ちた後も、かなり近い位置を長年キープし続けた相手に対してのみ使われる尊称のはず。
     私が件のヌードになった女性の名前を知らなかったということは、酷な言い方だがやはり一般的に知られているレベルの選手ではないのだ。
     競技Xがどれだけ華美・壮麗であろうと、あくまでも得点を競う競技である。ヌードの女性の外見がどれほど美しかったとしても――加えておそらく国内10位くらいの成績か、オリンピック強化選手くらいの実力はあったのかもしれないが――、それで「女王」などと呼ぶ(写真週刊誌にそういった倫理観を求めるのは不可能だから、本来当人が「呼ばれる」ことを是認する感覚が問題なのだ)ことは、純粋に実力がありながらヌードの女性よりも性的ピンナップの視線では容姿の劣る、と判断された競技者に対する侮辱でもあるといえないか。当然、彼女を純然たる競技者として見た上で、その姿に価値や意味を認め応援していたファンに対しても、背信を犯した行動である。加えて敗残者の感覚、つまり嘘や騙りの類に堕してしまう惨めさを本人も考えなかったはずはないだろう。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    テーマ : 物書きのひとりごと
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。