スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エッセイ(物語構成)【12】僕らはイカロス〜1 訂正版






    (※1)
    昔ギリシャのイカロスは
    蝋で固めた鳥の羽


    (1475字/2012.10.22記す)
     小学校三年生までの僕には友達が一人もいなかった。微かにでも憶えている顔といったものすら一つもない。他の文章にも書いた通り、近所にそのような関係とおぼしき子供が一人住んでいたはずが、彼の姿は学校では一度も確認しなかった。だから正確に言えば、学校には一人も友達がいなかったということになる。

     いつ初めて声を掛けられたのかは全く記憶にない。どんなきっかけだったのか。

     自分がどこにいるのかはなんとなく分かっていても、そこで何をすればいいのかはいまいち理解出来なかった。まずはここにいなければいけないらしいとの決まり事を教えられる。そしてここにいるというだけで(いるのだから)、僕はどうやらふさわしい何かをしなくてはいけない状態にいつの間にかなっていた。
     休み時間にはただ周囲を見回しながら、何もすることがない自分に少しだけ気がつく。授業中には先生の言うことをなんとなく聞き、書けと言われた文字をノートに写したりしていた。
     何のためにそんなことをするのか分からず、周りの皆に合わせて筆記帳の見本に近づけるように文字の書かれた点線をなぞる。簡単な数の計算が繰り返し黒板の上で行われる。僕にも足す引く掛ける割る……の計算くらいはある程度理解出来たので、自分の目の前に藁半紙のプリントが配られると、言われるままに目の前のそれを解いていった。

     教室の後ろには一列にロッカーが並んでいたが、中ほど辺りで男子児童のR地に話しかけられていた。どんなことを話したか、霞むように手が届くかどうか曖昧な距離に浮かぶ件の場面以外は全く記憶にない。僕の中には他人に伝える意味や話す価値のあるものなど何もなかったと、いま現在思い返してみるとやはりそう感じる。

     休み時間になれば飽かずにも集まって話をし、笑い合って教室中を走り回っている同じクラスの中にいる彼らは何を見、何を求め、何を楽しんでいるのか検討もつかなかった。
     どうしてそんなことをするのか、何故よく知らない人間に話しかけないといけないのか。本当にしたくてしているのか。そういったことは少しだけ面倒だし苦痛だし、……右隅の細かな疵が窓から入ってくる昼前の光を幾重にも散らしている様子に一瞬目を惹かれながら、机の静まり返った左隅に向けて斜めに視線を落としやがて顔を伏せた。
     僕はこの文章を打っているいま、自分のことを馬鹿で無能な人間であると分かっているが、当時はそんな程度の事実すら気付かなかったのだろう。

     本棚においてある分厚いファイルをめくると、R地から受け取った封筒と半分に切られ畳まれた便箋が姿を現す。「また遊ぼう」短く一言だけ。小学校三年生の男子児童らしいあまり上手くない文字。封筒の表には僕の名前と差出人の苗字、切手は貼られていない。そして郵便番号の欄にはやはり僕の名前がある。
     見た感じからするとおそらく手渡しをされたか、もしくは郵便受けに彼は密かに投函したのかそんな姿も想像される。
     さらに小さな子供が行うごっこ遊びの延長線上とも言えるし、他人に手紙を出す等の社会的な行為に惹かれる部分があったのかもしれない。僕を『友だち』として公的に認める効力がそこにはあると、彼は周囲にも自分の意思を積極的に告げることになると期待したのか。
     家族の付属品としてではなく、多分、人生で初めて自分宛に来た手紙だ。両親宛の手紙の宛名に「皆様」として書かれていたとしても結局は、片隅のついでにといった具合でとりあえず小さな子供の様子を窺うための社交辞令とは違う。何故なら、その視線は実際にはこちらを向いてはいないから。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    エッセイ(物語構成)【11】BONBON!〜4(了)





    (1430字)
     結局店を訪れる頻度はいくらか減ったにしろ、今までと同じような感覚で通った。店員の対応も変わりなく、不明瞭と多少でも疑らせる会計は一回もなかった。やはり勘違いだったと思いたいしそう信じている。
     ただ、経営が上手くいっていないのではないかとの予想は間違ってなかったらしく、数カ月後には暖簾が取り外され、いつもならば夜になると表の通りまでを照らす明かりは落とされていた。ちょっと気になってガラス戸の格子[コウシ]の隙間から薄暗い店内を覗いてみたところ、テーブルは撤去され閑散としていた。父に経営者のおばさんや板前の男性はどこに行ったのか聴くと、なんとなく答えは予想していたがやはり、分からないなと意外にそっけない一言。

     ここ最近では外で酒を飲む機会はほとんどなくなった。私の財布は常に緊縮財政を強いられているデフォルト寸前の状態でもあり、そもそも、一人で居酒屋に行くことなど面白くもない、というか気が乗らないのだ。
     世間の狭さ、世情[セジョウ]の面倒を身を以て知る大人の頃合いにでもなったら、ときに一人酒も結構じゃないかと言う人もいるかもしれない。まあ理解出来ないわけではないのだが、その場合は行きつけの店が必要なのだとどうしても思ってしまう。さすがにチェーン店に一人で行って、あの妙に明るく騒がしい雰囲気の中でしんみりやるのは無理がある。
     つまり、結局は行きつけが無くなったのだから仕方がない。行き当たりばったりで個人経営の飲み屋の暖簾をくぐっても自分の肌に合うかどうか、懐を痛めてまでして冒険をする気にもなれないのだ。実際には以前に何回か挑戦して、二度とその敷居を跨ぐことはないとの誓いを立てたほうが圧倒的だったという、連戦連敗続きのさめざめとした現実ばかりだった。

     結局部屋で飲む酒は安上がりで、無駄に飲み過ぎることも便器に向かって涙混じりに鼻水を垂らして嗚咽を挙げることもない。そして、飽きもせず紡がれる代わり映えのしない昔語りにスルメを噛みながら適当に頷いていたはずが、時々はこれからどう生きて行くつもりかなどと言葉尻[コトバジリ]は落ち着いた調子でありながら、寸前までの軽々しい酔いはどこへやらと、素面か完全に据[スワ]わっているが故のものか、判断し難い視線は目の前のボンクラが如き私に真っ直ぐ注がれ――そんなじわりとした一撃を唐突に喰らわされることもない。
     やんぬるかな、口元へ持っていったジョッキが迷いを現すかに一旦動きを止める。数秒後には答えの代わりに何やら唸ってみせながら、アルコールで口の端を汚して曖昧に笑ってみせては、少しばかりの自己嫌悪と根拠のない決意。

     しっくりした居心地の場所を失い、現在思い返してみればあの時期から彼らとの関係は知らず知らず薄まっていった。それこそ私にあっては人生のいちいちの場面のつまらない要請と、逃れがたい惰性を重ねる年々[トシドシ]のうちに気づかぬほどに紛れ、あるいは溶けて。

     人生では何もかも失われる。死ねば全てが失われる。いや、冷凍保存のような生きた軌跡がどこかに残るのだろうか。他人のことは分からないが、やはり、私はそんなものに当てはまる価値は持ち合わせていない、としか思わない。
     ――まずは、だけどまず一杯、弱さと醜さを忘れ、過ぎ去った日々と日々の囚われを頭から一時でも追い遣るためにも、あぁ、だからさ、そのために、……いやとりあえず酒が呑みたいんだ。そう、あと美味いツマミが二品、あの一皿でもあったら。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    テーマ : 居酒屋
    ジャンル : グルメ

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。