スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    夢見集【1】~【3】『臭気○○器』/『彼女は何をしている』/『誕生日騒動記』





    【1】『臭気○○器』(2559字)
    〔1〕/〔2〕
     私はちゃんとした現実(夢の外側)の私の姿として存在している。とりあえず最初に、切り立った断崖に四方を囲まれた大きな窪地を見下ろしている。
     そこには数人がいて、相手を見つけた同士での殺し合いがすでに行われているようだ。大体は互いの力が拮抗しているが、なかには自分より弱い相手を拒否させずに一方的に選び、痛めつけ、時間や抵抗の差内容の違いこそあれ、最終的に負けた方は必ず命を奪われた。しかも、どれもこれもものすごく残酷な殺し方だった。
     次第に身体を動かせなくなりうなだれふらついている相手を、その場でサンドバッグのように痛めつけている場面から最期に至るまでの、一連の流れがイメージとなって少しだけ伝わってくる。非常に残酷で目を背けたくなる。岩壁の上では肉の切れる音や潰れる音も聞こえ、「胸くそが悪くなる」と吐き捨てる気分で口にしたか、それとも思ったかどっちかだった。
     
     場面は一転する。私はどこかの家の中にいる。見覚えはないが、どうやら現在いる場所は自宅らしいということが次第に分かった。そこは狭く、かつてアルバイトをしていた飲食店を彷彿とさせた。ほとんどあばら家のような感じで、部屋から部屋への通路というものが狭く、天井が低い。ところどころが脂っぽくべたべたしていて気持ちの良い場所ではない。
     父親がいる。実際の(夢の外側の、つまり本当の)父親ではない。母親はこちら側の本当の母親に似ている。

     電球が切れたということで買いに行く。父親にそれとなく言われている。60W100V(実際の家で使っている電球よりも少し大きめな電力消費量だ)を買いに近所の電器屋へ。帰ってきた私は家の電球を換えなければと手を伸ばしたが、切れかかった球もソケットもべたついていてどうにも気持ちが悪い。あまり触りたくないと指先でつまむようにしながら、仕方がないと自分に言い聞かせ我慢して交換は済ませる。
     何故か600円くらい持っていて、300円を親に渡す。仕事をしたつもりになっているものの、何をしたのか本人も知らない。
     親は私から300円を受け取り、それしかあげられなくて悪いという言葉に対して「1クロアチアで定食が食べられるから300円でも充分」と返す。『1クロアチア』とは100円の100分の1の価値になるそうで、つまり1円で定食が食べられる計算になる。

     私は街に出て1クロアチアで定食を喰おうとするが、売り物はいくつか確認した限りでは日本円で売られていた。何軒か見て回ると、定食屋の食べ物の値段は80円から130円くらいとかなり安くは感じられるも、現在の所持金は300円しかないのだ。それに第一空腹ではなかった。
     さらに歩いていると、いくつもの店舗が並んでいるにぎやかな通りが突然現れる。一番手前にある店は宝飾品店らしく、少しショーウィンドウを覗いてみることにした。宝石やネックレスが大体600~2000円、扱っているものはもちろん本物。店々が並ぶ様子は、夜店と商店街をごっちゃにした感じと言ったらいいだろうか。いつの間にか髪の長いメガネをかけた男を見つける。
     そいつはあの、陰惨で目を覆いたくなるような殺し合いの場所(自分の中でのイメージはバトルロワイヤル? しかしもっとやりきれないのは、殺す側は小さな虫を踏み潰すほどの無意味さで、殺される側は最初狂乱の勢いで泣き叫び、やがて鈍麻した感情が身を静かにふるわせているところで息の根を止められる)に、もう一度連れて行ってくれるのではと私ははたと気づき、彼の後を尾けることにした。あの場所に行ってもう一度だけ、何かを確認しなければならないのだ。そのときには誰だかは分からないが友人が一人、自分の脇にいた。……IかFか?
     

    〔2〕/〔2〕
     メガネの男を追いかける。街中をうろつく姿は突然小さな交差点の先に現れたり、ピンク色の三角屋根に古びて電飾の切れかかった看板を掲げるパチンコ屋の脇、郊外型のドライブスルーが併設された飲食店の、従業員がバックヤードへの出入りや搬入のために使う通路、――ひと一人がようやく通れるくらいの細い道を歩いていたりした。それらは生暖かく喉に絡みつく嫌な蒸気の出ている、薄暗い汚れた場所だった。最初は夕方で、夜、夕方と変化していく。いつの間にか彼はどこかの店の勝手口の前に立っている(おそらくパチンコ屋)。
     こちらから見て一番手前にはパチンコ屋の景品交換所にも見える小屋。すぐ横に、『臭気○○器』という鉛色をした簡易焼却器が備え付けられ、金属製の箱の天板部分には適当に後から溶接されたであろう煙突がついていた。接合部分が変に歪み、傷痕みたいに盛り上がっている。
     大人一人が入ればいっぱいになりそうな『臭気○○器』の中にメガネの男が入り込んだと思い、私たちは後を追いかけなければと近くにまで駆け寄る。彼が紙のように身体を薄くし、中に吸い込まれながら消えて行った姿が頭に浮かんだのだった。ふと何か騙されている、何かがおかしいと頭によぎり、特にああいった場所に人を連れて行こうとしている人間は残酷な奴に決まっているからと、中に入るのを躊躇う。
     元々興味本位で後を尾けていたのだ。自分はあまりにも深追いしすぎているのかもしれない。

     すると細身のメガネ男はパチンコ屋の横の道から出てきて、「そこに入ったら死んでたよ」と言い残して消える。『臭気○○器』に押し込まれ身動きが取れず、泣き叫びながらゲロを吐いたり血を吐いたり、臭気に蝕まれながら無残に死んでいく姿が目の前にありありと……。危険で分厚い灰色の空気が空間を満たしていくさまが真っ赤な背景を伴って映る。
     友人が犠牲者になる運命だった、かなり高い可能性を退けたのだ。彼が泣き叫びながら助けを求めて来ても、こちらにはどうする手立てもないという光景が頭に浮かぶのだった。額に汗が吹き出し涙目になって狼狽えるだけの自分。もしそんなことが本当に起こったなら、私は例の男を、何があってもどんな手を使ってでも絶対に見つけ出し、絶対に殺すだろう。逆の立場なら同じことをすると友人も思っていた。





    【2】『彼女は何をしている』(2703字)
    〔1〕/〔3〕
     彼女が母親と歩いている。ガソリンスタンドの先の曲がり角を右へ行き、無言の50メートルを過ぎると鉄塔のわきを左に曲がる。彼女たちは不自然なほどゆっくり、足音を立てずに歩く。正面を歩いているはずの二人との距離感が掴み取りにくい。娘の方は白い服を着ていた。
     特に娘の姿は立体感が乏しく風景に埋没し、まるで影を無くした分の質量が失われたようにも見えた。そのあとを私はつけているが、後ろにいることは明らかに気づかれていた。一度振り返られる、何の前触れも無く。彼女とはっきりと目が合う。

     私は自分のやっていることがまずいことだとは気づいている。ストーカーまがいの行為を何故自分がしているのか理解出来ずにいながらも、娘の方がどのような行動をするのかについてはかなり興味があった。顔も見られてしまったし引き返そうかと一旦逡巡し、やはり少ししてからもう一度、強い昼間の日に紛れる遠くなりかけた姿を足早に追う。話が聞こえてくる。
    「手術が終わったら、私すぐにでも仕事をするから」
    「うん」
     彼女はおそらく、どこか身体を悪くしていて手術待ちだったのだ。私はそれを聞き、ひきこもりではなかったということで寂しいと思う気持ちがあった。

     どこかの駐車場につく。二階層で鉄骨が剥き出しのどこにでもある平凡な立体駐車場。現実の世界のこの場所には無い。この場所がまだどこであるかは把握出来ないが、しかし間違いないらしい。
     私は自身に彼女がどうなろうと関係ないと言い聞かせ、それでもやはり顔がどうしても見たくなり、追い越す際に一瞬でもと思い直す。横からでも本人であることを確認さえすれば、それで充分自分の気持ちは満たされるだろうと感じるようになっていた。
     ちょうどよく振り返った、顔。――知っている顔とは違った。
     瞬間わけが分からず、すぐ彼女の姉妹だろうと勝手に納得する。そこで自然に湧き上がってくる笑みを噛み殺した。ただ実際には自らの表情と感情のあいだには、あくまで正直に言うなら少しばかり開きがあった。私は少しだけ嬉しかった、みたいだ。場面は変わる。


    〔2〕/〔3〕
     自宅から最も近くにある国道沿いを歩いていると、路肩にワゴン車が停まっていた。運転手はいなく、中は3列シートになっている。運転席と助手席を除くと5~6人載れるミニワゴンタイプの国産車だ。
     車を外から見ていたところで、突然彼女が中にいるような気がしてドアを開けて入ることにした。4人くらいいる。車内はカーテンが掛けられているのか、または遮光シートが貼られているのかは定かではなくとも、とにかく妙に薄暗い。
     しばらくすると男女各2人ずつだと分かってくる。全員が頭から黒いフードを被り俯いていて雰囲気が悪い。まずいことをしたと自らがいち早く悟ったときの、または場違いな閉鎖的集まりに顔を出してしまったかのような居心地の悪さが体に滲みてくるのだった。そこで入ってきたときとは反対側のドアを開けて出ることにする。
     当然のように狭い車内を私は突っ切るわけだが、フードを被った人間は進んで脚を引っ込めたりはしてくれず、無理やり脚を折り曲げさせたり、それでも通り抜けづらい箇所では、仕方なく相手の膝の上に乗らなければならなかった。

     ただ不思議なことにフードの人間はほとんど抵抗しなかった。どころか、体をこちらに預けきるほどに全身の力が抜けてうなだれかかってきたり、手前の人間の膝上から奥の運転席に座る人間とハンドルの間へ片脚を下ろそうかとすると、奥の人間はあらかじめ軽く畳ませていた脚を再び前に放り出す、といった有様だった。
     手前の男の上にこちらがまずは正座の形に乗りながら奥の男のをしまいつつ、また前にだらりと出してこられると面倒なので、それ以上滑りだして来ないように私の片方の脚をつっかえ棒に出して相手の動きを押さえてのやたら手間取る移動。
     筋肉や関節が妙な具合に固まり、最初に座っていた、決められた姿勢以外をほんの数秒でも維持していることが難しいとでもいうのか、気を抜くとすぐに崩れようとするのだった。
     ひたすら俯きながら闇雲に、自分の胸へ視線を落とし続けている様が段々と愚かな祈りの姿に見え始めると、私の中で我慢されてきた苛立ちと不快さは唐突に高まり、奥に座る人間の膝頭と前頭部を若干勢いをつけ鷲掴みにした。それらを元々あるべきだった場所に少し強めに、心持ち長めに押し付ける。

     半ば無理やり顎を上げさせた際、その男や他の同乗者の顔をフードの下から覗き込むようにして再度確認したが、途中からは特段の諦めの感情も抱かずにいつの間にか受け入れてはいた現実として、彼女はやはりいない。


    〔3〕/〔3〕
     おそらく数分後だろうか、もう一度中に入って今度は全く顔も確認せず、すぐに反対から出た。やけにすんなりと。私が最初に車内を通り抜けてから一度もドアは閉められていなかった。
     
     小さな子供は飽きずに、自作のダンボール製の小さなトンネルをくぐる遊びを何度も繰り返す。子供にとってよく親しまれたものであるわけは、恐れと発見を交互に体験し克服していく過程にある。その行為は大体は子供に寄り添い、育みの手助けをするものでもある。ただ、暗闇の内部に入ろうとするとき淵に差し掛かる自分の手が陰に覆われ始めると、そのまま暗闇に飲み込まれてしまわれたらと子供は必ず考えるだろう。
     大人になり、持って行く場所や目的のない感覚は大抵どの時点かに置き去りにされている。私は忘れかけて、いや多分忘れていた、少し不気味でそれでいてみずみずしい子供の心。それが分かったような気になった。何故か肌色の微熱を持ち、同時に湿り気を帯びて冷めざめとも映る感覚が自分の中から完全には失われずに残っていたことがうれしく感じられたが、瞬間どこかで、何かの噛み合わせが少しだけズレたみたいだった。
     
     私が現在いるところは……、国道沿いのファミリーレストランに設置された駐車場の出口付近のはず。出庫しやすいように目の前にある路肩の縁石が一段低くなっていた。これ以上何かについて考える必要も感じずに、しばらくそこに佇む。
     数秒後か数分後だったかはっきりしないが少しの時間が過ぎたのち、気がつくとゴムタイヤが何かを確認するようにゆっくり、地面の細かい砂利を踏みしだく音が近づいてきた。
     やがて直前に起こったことなど全て忘れ去られ、というか何事も無かった、あるはずも無く繰り返される、日常風景内部に発生する一連動作の強固さとでも表現されるほどの殺風景な当たり前さ、それと気づかぬ分厚いさり気なさを以ってフードを被った4人組を乗せた車が目の前を通り過ぎて行った。誰が運転をしているのか私には一瞬気になったが、結局そのまま見送った。





    【3】『誕生日騒動記』(2394字)
    〔1〕/〔2〕
     学生が団体旅行で泊まる時に利用するような安宿の宴会場に向かう、私。前日が誕生日だったが特に何かがあったわけではなく、まあこの齢になればそんなもんさと思いつつ、実際にはどんよりと続いている落胆が少なからずあることは隠しきれずにいた。その未練がましさが余計憂鬱な気持ちにさせていた。
     入り口にたどり着き、安っぽい材質で立て付けの悪い襖を開け顔を左に向けると意外に広い部屋となっていた。襖を引いた目の前の天井がやけに低く見えたが、それは部屋の天井中央部から隅の畳の縁部分辺りまでを斜めに貫く、非常に太く漆喰で塗り固められた柱のせいだと分かる。
     
     部屋の中の間取りはT字の形をしていて、つまり入口部分はTの長い方の一番端のあたりという具合だ。目の前には浴衣を着た男女が一列に整然と座り、旅館向けの一人用座卓が銘々の前に用意されている。
     そして、何か嫌な予感がした。遅れて到着した私を待ち構えていたかのような、タイミングを見込んだある瞬間まで何かを無理に抑えている雰囲気と言ったらいいか、あるいは空気がガラっと入れ替わるこちらの行動一つを、今や遅しとしている集団の息遣いとも呼べる熱気がそこかしこから紛々と漏れ出していた。

     短い線と長い線の交差する地点までとりあえず周囲を見回しながら歩く。天井や一般的な家屋の造りよりもやや高い位置にある鴨居あたりから、紐やら飾り付けやらが多数ぶら下がっている。折り紙を六等分くらいに切り輪っかにしたものをつなげたアレだ。小中学生が何かの行事のたびに無理やり学校に作らされるアレが、そこら中に様々な色の橋をかけていた。
     こりゃ手作り感満載だなと少し小っ恥ずかしいような気になるも、見慣れてくるとそう悪いもんじゃない。むしろ、わざわざこんな慣れもしないことを不器用な手先でやっとこ拵えていたのかと思うと、余程大変な苦労だっただろうにと感謝感動の気さえしてくる。
     交差する地点の前までたどり着き、ふと見上げて右を向くとそこには鋲打ちされた大きな白い紙に、綺麗とは言えない字で大書された私の誕生日を祝う文句が踊っていた。
     皆がニコニコしながらこちらを向いていた。一旦落ち着いて周りをぐるりと見渡せば、ゆうに五十人以上は集まっているのだった。端緒になる言葉がなにか一言でも発せられれば、瞬間後には堰を切った怒涛のどんちゃん騒ぎが始まってしまいそうな勢い……!!
     感謝の気持は勿論ないわけではないが、大人がたまにしかしないはずの彼らの屈託ない心からの笑顔を見ていると、私はその表情に応えられる言葉を持っていなかったことに気がついた。恥ずかしさに耐えられなくなり、近くにあった掛け布団を頭までかぶってしまう。


    〔2〕/〔2〕
     場面は切り替わり私はこじんまりした四畳半くらいの和室にいる。外と繋がる出入口は障子戸のみ。部屋の中央には八人くらいは一度に囲めるであろう、ちょっとした一枚板の和卓が置かれている。
     内装は全て、切り出したおそらくヒノキを貼り合わせたようになっている。壁一面に対して五等分の大きさに分けられた板が縦に平均に並べられ、その間へ同じ材質の直方体に近い形に削りだされたものが埋め込まれていた。木の匂いは悪くないが貼り合わせる時に木目を揃えることをしなかったのか、少しばかり模様の主張がちぐはぐに感じられてうるさい。

     卓には七人くらいは座っていただろうか。私は入り口手前の側面の位置に座っていた。同席している人間の顔は一人だけ見当がついた。こちらから向かって斜め右、部屋の入口から左奥の最も遠い位置に某日本人メジャーリーガーが座っていた。顔は現実のものとほぼ同じ。
     彼はむっつりとした顔をしていた。つまらなそうでもあり、何か不満でもありそうにも見える顔をしていた。
    「こいつはちょっと無愛想なところがあるし、人見知りするんで気にしないでください」彼を連れてきた知り合いらしい人物の言葉。なにやら先輩風を吹かせているが、誰であるか分からない。少し小太りでスポーツ刈りにし、量の多い黒髪を整髪料で上に持ち上げている。どこの街にでもいる感じのスポーツ好きのあんちゃんといった風体だ。ちなみに私のすぐ右斜め前にいる。

     少し時間が経っている。皆に酒が入っているのだった。某メジャーリーガーは酒が入ると、人格が豹変するに従うかの様子でその端正な顔を歪め、顔をほの赤く染めながら大口を開けて何かを喚いていた。常人の2倍にまで口を大きく開き下品な笑い声を発しつつ、食べ物を目の前から順に食い散らかしの、矢継ぎ早にテーブル中の皿に手を付けるのだった。最初に見た時よりも顔面の皮膚が荒れだしているように見え、まるでどこか南方の島に住む怪鳥みたいだと何故か私は思う。
    「H倉だよな、お前。懐かしいな、小学校以来だな」
     どうやら彼らは同級生のようだった。ということは私も小学校の同級生であるのだ。斜向かい、つまり私の左斜め前に座っている人物H倉は、かつて小学校生活数年間を共にした悪友だったから、ほぼ間違い無い。

    「お前がドアを閉める時、あんまり勢い良く閉めてみんながびっくりしてたからさ、だからJ山はお前のことが嫌いだってさ」 
     A谷はそう口にした。彼とは数年前までしょっちゅう麻雀の卓を囲み、同じロックバンドが熱烈に好きだという趣味を共有していた、最近は会う機会もなくなったが十代終わりから二十代中頃までの一時期を共に過ごした友人だった。そしてJ山は中学時代に好意を寄せていた同級生だ。なんでこんな無茶苦茶な組み合わせで人が集まっているんだと、混乱しかかる。
     何よりも困惑し悲嘆に暮れたのは、J山はどうあっても、理由をこじつけてでも私を嫌いにならないと駄目なのだろうかということに対してだった。最悪の気分のさなかにも瞬間頭をよぎった感覚では、嫌われる寸前まで私はそれなりに彼女から想われている可能性があったのだ。宴会場に彼女はいなかったのに。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ねごと
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。