スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日記2004通しで【1】『日記を始めるにあたって』/【2】『貧すれば鈍すれば貧す』





    【1】『日記を始めるにあたって』(872字/2004年2月12日に記す/2013年10月補筆修正)
    〔1〕/〔1〕
     日記を書いておく習慣は私にとって少々難儀なものかもしれない。今までに日記を書こうと試みたことはなく、おそらく続くはずがないと思っていたからだが、それにしても日記の本来的な役割、意義とは一体どのようなものであるのか?
     そんなことを多少なりとも考えると、どうしても元々の不精な性格が災いして、結局は筆を執るという行為を縁遠くさせていた。
     数年後、私は再び日々の記録を紙に記すべく行為をやめているのではないか。ただなにかの折にふとこのノートを見つけ、手に取るとき――中を見る勇気があるならば――過去の自分自身との束の間の邂逅を、やはり得ることになるだろう。
     果たして私にとってどんな意味があるか、言うまでもなく現在からは知りようもない。しかしどういった形で示されていようとも、やはり不動の存在と感じるのが時間というものだ。
     それだけはこの目の前で姿を現すことになる。例えば悲しみ、怒り憤懣、憂鬱もちろん喜び、のちに恥じらいを以って迎える涙もその一つ一つが、あるいは混ぜ合わされた感情の四季がさらに多様な姿をして迫る。

     そのとき私はうろたえずに目を背けずに、平然とした態度で少なくとも過去に対して胸を張るとまでは行かなくとも、ノートに目を写した瞬間から脳髄がそこに書かれている言葉を理解した上で、過ぎ去った時間への苛烈なまでの囚われを避けていられるか?
     正直に言ってあまり自信は無い。ただ同時に、いささか性急にひとり合点をした思い煩い自体無意味なのではないか、そういう風に向き合う姿勢も悪くないと最近は多少開き直ってもいるのだ。
     過去を全て美化することこそ、過去への冒涜であり、汚辱的行為である。事実を事実として捉えない行為は醜悪であるといえるだろう。しかし、現実を「これが俺の現実だ」といって悲観したり、自虐的になるのも一種のナルシズムである。
         願わくば私に過去なるものが存在していることを当然に認め、それを斟酌無しに見定める力、ないしは根気を持って受け止める人生の経験が自身にいずれ身につくよう、現在はとりあえずの希望を持ちながらも祈りと勤勉を未来の自分に捧げたい。





    【2】『貧すれば鈍すれば貧す』(1220字/2004年2月14日に記す/2013年10月補筆修正)
    〔1〕/〔1〕
     Hello!! 昨日は日記をつけませんでした。だからどうしたわけではありませんが、多少の後悔とそれより少ないながらも罪悪感があります。
     現在は2月14日の午前二時と、少しばかり時間は過ぎたといっても昨朝から連続して起きているわけですから、一応は2月13日の日記ということにしておきます。

     犬の散歩ビジネスについてはどうなることやら分かりません。
     ポスターが出来たとて私のように無気力で活動力のない男に何が出来るのか、新しく始めるつもりの起業内容について話している最中にも、緩慢に訪れる、しかし後ろに引きようにも決して下がれなくなる一線を越える瞬間が、ひたひたと差し迫ってくるのを感じてはいます。
     ホームレスについての話というものは興味深く、しかも私と友人R立は、忌避・嫌悪または透明化さえしている同世代の人間よりも、ホームレスについての――もちろんある程度の留保と、彼らへの独善的な理解を避けなければとした危惧の感を忘れずにいつつも――一応の視線を持っているでしょう。
     これは実に重要なことで、自身がホームレスになる可能性について云々しようと実際に「なる」のは先の話ではあるだろうし、どちらにしろ考えてみたところでも頑是無いのでしょうが、それにしても自分たちの現状(見せ掛けだけの学生、職業を探すつもりはあるとしても、どうも切迫感もなければ大体希望自体が存在していると自分自身を騙しきれる自信もない)を鑑みると、当然未経験でありながらやはり同世代の人間よりは現実的直感に落とし込め、より将来に起こりえる地続きの感覚で受け止めることが出来るのではないかというわけです。
     ホームレスとはどのような状況、どのような心理であるのか、私ならば何を思うのか? とはいえ特に自らに引きつけてみたところで想像の域を出ず、やはりはっきりとは分からないのですね。確かに良しとはしないともちろん現在は考えているのですが、ひょっとしたらいざそのときになってみると『まあしょうがないな、これならこれでやっていくしかない。ああ、まずは差し当たりどうしようか』みたいに案外簡単に至るのではないかと。

     あるいはそういった状況が訪れるならば已む無しとして、多少なりとも肯定しているかもしれません。実際問題、際[キワ]とも呼べる状態になれば選択の余地があることは稀かもしれませんが。
     ほとんど意識下レベルにおいては現在の生活や立場(?)という一応の安定を打ち捨てることに対し、さほど自身の臆する姿を想像出来ず理由も見当たらない、つまり執着していないのではないかと思ってしまうのですね。
     これは一体全体どういうわけなのか。今更になってよく掴みきれていないのです。

     受け入れざるを得ない困惑する現状、受け入れ難さに繰り返される表明の戸惑い、今を嘆き届かぬ過去へ悔恨混じりに手を伸ばし、伏し目がちにあるいは定まらぬ中に渇望ばかりが生ぬるい熱を帯びた視線を送る――か。
     まあ、良しとしましょう。とりあえず明日へ、明日へと繋がる今日の最後の刻であるよう。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。