スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タイ旅行、後日まとめ記【7月2日】~10





    (1972字)
    【7月2日】に記したメモから
     マレーシアに着いたときにはすでに夕方でした。我々の乗ったミニバスはマレーシアのペナン島へ向かう途中でしたが、広い鉄橋と思しき建造物に差し掛かった途端にそのまま動かなくなりました。渋滞のせいだと思っていたらそれは船の一部だったのです。
     前の座席から漏れる、思いも寄らないほど無防備な彼の驚きやら感心のため息。さらに少し興奮も混じった声を聴きながら、他の乗客がそうしていることに気づいた私も左の窓を開け放ったのです。久しぶりに気持ちの良い天然の風、やや粘り気を含んだ甘い汐の香りを顔全体で浴び、周囲に行われる伸びやかな喧騒へ身を委ねているうち、彼と同じ言葉がふと口をついて出たのでした。「こりゃ、あぁすげえ船だなぁ」

     陸に着いたミニバスは港を後に直進しながら市街地に入り、やがて車から二人三人と客は降りて行きました。
     我々は最後のほうまで残っていましたが、途中何かを聞いてくる運転手へ何も応えることをせず、時々小声で彼と話す以外はほとんど窓の外ばかりを見ていたのです。実際のところ、ホテルの位置なども聞かれても反応せず(出来ず)に、やはり運転手の顔も一切見ないで、というか敢えて目も合わせることなくぼーっとした感じに聞き流していたのでした。
     これは別に運転手に意地悪をしていたわけではなく、どこで降りたら良いか全くわからなかったからでして、仕方なしの薄い反応なのです。
     大方、乗り合いバスは自分の望む場所で降りても構わないシステムなのでしょう。先に降りた乗客は目的の場所か最寄の地点を把握していたのでしょうが、当然初めての入国となるマレーシアのしかもペナン島となると、元々行き当たりばったりの私たちには、とりあえずどこで降りれば良いかと見当さえつかなかったものですから。
     車が停まり強制的にでも降ろされる終点がおそらくあるはずだ、そこまで乗っていればいいと考えていたのです。ルート設定に終点やらタイに向かう客を待つターミナルがこの先にあると、希望的な観測を大いに含ませて。

     その後すぐに車から下ろされ、近くにホテルがあるから自分で探せといった類のことを言われたと、運転手の英語とジェスチャーを解釈しました。車が去る姿を多少心細い気持ちで見送り、しかしいつまでもじっとしているわけにもいきませんので、我々はまず(これは定番となりつつあるのですが)コンビニへとアンテナを向けることにしたのです。人が集まるところにコンビニあり。
     バンコクなどの都市部では日系企業のコンビニの姿を目にするのは全く珍しくもありませんが、これらの観光地でも、特に生活の利便性が極度にも発達した日本の都市部(いや、ある意味では離島を除いた全国津々浦々でしょうか?)に住んでいるような人間がこの地に旅行者としてきた場合には、コンビニは十分な需要があります。日本人以外でも、都市部へ住んでいる他国の人々にあっても同様に受け入れられるのではないでしょうか。
     特に日本人の場合傾向が強めな感じでしょうか? 現地の人が経営する店を利用することに二の足を踏む人は少なくないのではとも想像します。いまいち品質に不安があるとか、適正な価格で自分達に売ってくれるのかを心配する人もいるでしょう。
     色々あって日用品はコンビニや、例えば名の通ったチェーンストアのほうが品質に信頼が置けるし買い物に余計な気を使わなくていいと、長期滞在者ではない一旦立ち止まり通り過ぎるだけの旅行者の中ではそういった考え方は少なくないのでは。 

     私たちは街中に無数に存在する現地の人が経営する店を頻繁に利用し、食事はほとんど麺類などで済ませていました。これは、相方がそれを望んだからという理由もありますし、まあ何をかいわんや節約の意味合いが一番大きいのですけれど。
     ただ外で食べる際はほぼ毎回でしたので、少々飽きてきていた、と言いますか……。少なくとも安いなら安いなりに店を探す楽しみやらもなく、とりあえず最安値のスープ入りの麺、そこへ肉団子をトッピングするかしないか、といったメニューですからどこで食べても大して変化がないわけで。感じとしては自宅で一人採る義務的な食事と似たようなものかもしれません。
     ちなみに、これまででは貧乏性分の我々がコンビニを訪れた理由は酒のためのみなのでした。
     彼の言っていたことなので丸々全てを信用出来るか分かりませんが、タイは敬虔な仏教徒の多い国なので酒屋は街中にはあまり無いとのこと。言われてみれば確かに私がコンビニ以外でタイで買った酒は、町外れにある酒屋のメコンウィスキーだけです。
     日が落ちれば酒を飲んでも構わないというルールが私たちの中にありましたので、手持ちの酒が切れた状態で酒屋を目にすることがあれば、余程急いでいるとき以外大抵は覗いていたはずですが、タイの酒屋に関してほとんど記憶にないのですね。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 旅行記
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。