スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エッセイ(物語構成)【5】人生の仕事はじめに~2





    ※色々とありまして、前回からだいぶあいだ空いてしまいました。すいません

    (1522字)
     結局あちらの提案により、バイト候補に挙げていた店の下見に行くこととなった。自分にとっては親から貰う毎月の小遣い8000円があれば大体充分で、よほど金に困るなどの事態に遭遇したりもほとんどなかった。
     働くとなれば、面倒なあれこれを当然覚えないといけないのだろうし、嫌な目にあってしまうかもしれないとの漠然とした不安はある。
     ただ、彼にはそれなりに頼み込まれたとでも言おうかノリとしては軽いものに見えはしても、やはりプライドも相応にあるに違いない高校の同級生に一緒にやろうと誘われたのだ。多少なりの恥を忍んだ発言の裏には、初めてする仕事に対しての不安があったのかもしれない。それを少しでも和らげ解消するために僕が力になってくれそうだと判断したのではないか。ある意味では負担でもあったことは認めないわけにはいかないが、同時に嬉しかったのもまた事実だ。

     その店は関東一円にフランチャイズ展開している定食屋だった。普段の通学路とは異なり駅をまたいだ反対側に位置していたために、帰りは人通りもなくなり静まり返った夜の商店街を抜けて来なくてはならなかった。結構離れた地下鉄の駅まで戻らなければならないのは少し面倒ではあったけれど……。

     人生で初めて履歴書を書き二人同時に面接を受けた。向こうからすれば友達同士の応募にはリスクを当然感じたのではと、容易に想像がつく。
     一緒に来るというのは仲が良いわけで、二人で遊びたいから休む(もちろん、はっきりと正直には言わないのが高校生の狡賢[ズルガシコ]さだ)だとか、まだそれはいいとしても『仲が悪くなったからアイツとは同じところにいたくないです』だったり、『顔を合わせたくないから辞めます』といったいささか身勝手な発言は如何にもありがちだ。偏見だが、女子学生の場合はなおさらその可能性が高いのではないかと思う。
     メリットもあると言えばある。学校帰りの短い時間が店側にとってはちょうどいいくらいだと募集をしても、長時間働きたい人間は敬遠する場合が多い。それはまあ二人連れ特有のメリットではないが、あえて言えば平日のシフトを一気に埋める人材を確保出来るという意味では都合がいい。
     もう一つ、二人で遊びたいから休むのではなく、どちらかがどうしても開けなければならない穴を友だちとして助けるために代わりに働く。といった、やや美しくもあるちょっとした青春シーン。そんなものを多少でも信じられる経営者であるならば、二人同時に雇うことも可能性としては排除しない、かもしれない。
     
     結局彼が平日の週三、残りの二日を僕が担当するシフトになった。面接の際には、休みの日には無理だと伝え漏らしがないように二度三度、半ば無遠慮なほどに伝えた。高校生には他にもやることがあるし、まあ仕方ないとでも経営者は思ってくれたのではないか。時間がかかるところから休みに来てもらうまでしなくてもと、都内在住ではない旨は強調してまでは口に出さなかったが、履歴書を一読して判断したのだろう。
     
     仕事の内容と言えば、注文を受け出来た料理を運び、食べ終わった器を流しに入れ、最後客が帰った後に冷水の入ったコップをレジの手前にある流しで洗う簡単な作業など。なにより忘れてならないメインの仕事はレジスターを担当することだ。
     テーブル三卓にカウンター六席くらいの狭い店だったので、慣れてしまえば別段大変でも難しい仕事でもない。夕食時の掻き入れ時に忙しくなる時間帯があるくらい、それが済めばもうあとは気楽なものだった。店長に聴こえない程度に、有線放送より潜めた音量で下手な鼻歌を奏でながら、適当なリズムを取ってテーブルを拭いたり割り箸の頭を揃えたり。中々上手くいってる。順調だしバイトも悪くないもんだ。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。