スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タイ旅行、後日まとめ記【7月6日】~15






    (1652字)
     私たちは少しの間宛もなく歩いていました。何分くらいしてからでしょうか、彼はガイドブックに目をやり「バスに乗ろう」と突然口を開いたのです。その場から、歩いてさらに十数分程度になるであろう距離には、かなり大きな高層ビルがあるらしく、地下に併設されたバス乗り場に行こうと提案をしてきたのです。
     確かにビルはありました。すぐに見つかるぐらいの大きさでして見つけた後は歩道橋の上を通り、細く左に折れている道をそのまま進みビルの1階へ。外見は立派そのもので円柱形の造りがひときわ目を引きつけるのでした。
     ですが私はこのビルと周りの景色を見比べ、どうにも統一感というものを感じなかったのですね。
     周りはまだまだ小さい商店や安ホテルが多く、整備されていると言ってもそれは道路を中心としたまさにこれから始まりの状態でした。確かにとっかかりのランドマークとしてはありなのかもしれませんが、言ってみれば現在は町の開発の第一段階を経たに過ぎず、にも関わらず突然高層ビル(コムターという名称)を建てるからバランスがどうにも悪くなるのだと。
     まるで最初から強いカードを使い切ってしまった、後先をあまり考えないボードゲームのプレイヤーのような感じがしたのです。当然初めは良かったのでしょうが、後から相手に追いつかれたときには打つ手がなくなっているという順序、段取りの悪さを思わせるのです。

     ターミナルがあるビルに辿り着いたはいいんですが、バスに乗るにもナンバーも分かりませんし、適当に乗って知らないところで降りたら帰るに帰れないといった悲喜劇に見舞われかねません。有体に言えば、気分に任せたまま行動していては迷子になるかもしれないのです。バンコク市内ならいざ知らず、ここマレーシアはペナンという未踏の地でございまして、全く土地勘も何もあったものではないのですから。
     彼はカバンのポケットに一時しまっていたガイドブックを取り出し、あらかじめ折り目をつけておいたページの内容をなにやら確認しているようでした。次いで前後数ページもめくられはしたものの、さっと数秒目を通しただけでパタンと閉じてしまいました。やがてこちらに向き直ると妙に人を不安にさせる自信あり気な態度で、このビルの3階にツーリストインフォメーションがあって、そこに行けばおそらく地図もあるだろうと如何にも促すのです。

     早速私たちはコムターに入りましたが、外観やガイドブックの紹介と実際中に入って見るとは全くの大違い。ビルの1階々々ごとの店の数はまださほどに、というよりむしろ少なく、いまだテナントが埋まっていない箇所が目立つ状態でした。
     フロアの中核となるであろう店舗も特に見当たらない感じでしょうか(どんな店が現地の人に特に必要とされているのかはよく分かりませんが、露店の少ないこの土地ではそれらの店がよく取り扱う安価な宝飾品や衣服、もしくは骨董品など?)。立ち寄ったフロアは大体似たようで、ビルの周りには少なくない人がいるのですが内部のやけに閑散とした雰囲気は、まるで閉館間近と間違えてしまいそうなほどなのですね。
     目的の昇りエスカレーターを見つけると、なんとなく心許ない気持ちを抱きつつもともかくインフォメーションセンターへと向かうことにしました。3階も下のフロア同様に少しばかり照明が暗く、エスカレーターを昇った正面には寂しげに佇む妙に立派な木目調のカウンターがポツリ。そして周囲は相変わらず工事中だったり、入居待ちの空きテナントばかり。
     いつ来るとも知れない観光客をひたすら薄暗いフロア内で一人待ち受けている係員、どうやら20代後半から30代半ばにはまだいかないかくらいの齢のようです。ひっつめ髪に赤色の縁をした眼鏡、体つきで言えば私よりも全体的にかなり横幅が広く、特に腕は丸々と太り例えるなら細めの丸太棒、……と言ったらちょっと失礼ですが。下に向かい厚みを増していく彼女の、カウンターに隠れた部分がどのくらいであるのか。ともかくそんなボリューム感のある女性が待ち構えていたのでした。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 旅行記
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。