スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エッセイ(物語構成)【11】BONBON!~1






    (1817字)
     行きつけの店――なんとも甘美な響きである。八百屋の主人と天気についての話から始まり、最近の景気云々といった頑是[ガンゼ]ない流れ、隣のお茶屋ではいつも暇そうにしている若旦那と趣味の渓流釣りについてひと談義、綺麗な白髪紳士のマスターがいる喫茶店ではほどよい距離を保っての穏やかな笑みの混じった視線が交わされる。
     別に、昔ながらの商店街ばかりにしかそういったことがないわけではない。時々夕方過ぎにふらりと立ち寄る馴染みのゲーム屋などでも同様だ。年代の近い店長は似たようなゲーム遍歴があり、最近発売されたタイトルについての彼なりのレビューなどを聞いてみるのもなかなかに興味深い。栄枯盛衰[エイコセイスイ]を繰り返す多種多様なゲームのハードが今後どうなっていくのかなど、仕入れや販売された数など直に接している人間の意見はそれなりに参考にもなる。
     帰り道では古びた駅ビルの一隅、ひっそり奥まった場所で営業をしている薄汚れた外観のラーメン屋の暖簾をくぐれば、こちらの顔を見るなり味噌ラーメンでいいんでしょ? その一言がなんとも小っ恥ずかしくもあり、と同時に心地良いものでもある。

     二十歳を過ぎた頃には大手[オオデ]を振って外で酒が飲めるということで、随分様々な店を見て廻った。とは言っても、どれも個人経営の小じんまりした居酒屋か、どの街でも同じような外観をしたチェーン店のどちらかだった。スナックやらキャバクラだったりは料金も高く、あくまでも想像だがおそらくつまみがまずいのだろう。また近くに女性がいては、時間を掛け落ち着いて酒を飲みながら友人同士で話をするのには適していない。
     そもそも私は水商売をしている女性全般が苦手で、男に対してしなを作ってみせる積極的な態度を見せたかと思えば、艱難辛苦[カンナンシンク]を乗り越えてきた怒涛[ドトウ]の如きと言い巻いている人生を背景に、突然年下の男に対して悟った風な口調で処世術やら、これからの身の振り方についてそろそろ真剣に考えたほうがいいなどを語られると、なんとも辟易[ヘキエキ]とさせられるのだった。
    『あんたのためなんだから』、などと来るともう聴いていられない。言いたい気持ちはまあ分かるのだが。こういった傾向は当然ある程度年齢を重ねた女性に多いが、若い子の中にも酒が入ると説教節というか、一種の絡み酒なったりするのもいるにはいる。
     なぜそれらの店に行ったことがないのに分かるのかと言えば、元水商売だったという人と一緒に仕事をした期間が長くあったからだ。別にこちらがどうこう評価しはしないが本人は凋落したと思っているのか、どうにも過去を話したがらない人で少しばかり謎めいた雰囲気を感じさせつつも、突然にあの頃を懐かしんで聞いてもいないのに様々なエピソードを口にしだすこともままあるのだった。
     そんなときの彼女たちの表情はまさに七色変化さながらであり、何やら興味深くもあるし少しばかり怖くもある。
     いわゆる一般的にイメージされているようなキャバクラだったらそんなことはなく、楽しく何も考えずに馬鹿騒ぎ出来るのではないかと思われるかもしれない。しかし正直に言って、私は若い女の子の軽薄(良く言えば軽やか、さらに良く言えば天真爛漫)なノリには全くついていけないし、無理に付き合いたくもない。件[クダン]の場面などを友人から聞いたり、TVなどで目にすることがあっても、一切何も惹かれるものがないのだ。

     チェーン店居酒屋と言えば誰でもがいくつかの似通[ニカヨ]った意匠の看板をまずは浮かべる。そして全国的にかどうか分からないが、各人が利用した限りではグループごとにほとんど共通するメニュー、また人によっては鬱陶しいとすら感じるマニュアル化した過剰な接客スタイルが想像されるだろう。
     確かに、最大公約数的戦略を無難にこなすことに終始しているといった批判は一方で合ってはいても、しかし店々によって当然店員は異なるし、場所が違えば客層も異なってくる。客の感じが違うのは話される内容にも現れ、地域性や周辺にある会社(または学校)から訪れる彼らなのだから、それによっての変化だ。
     店同士の異なる点としてまず、間取りなど一見どうでもいいような部分も、意外と人の心理に与える快不快、あるいは好悪の影響は無視出来るものでもない。なんというか雰囲気それ自体はやはり経年のうちに独特に作り上げられていき、微妙な差であったとしても二つと同じものはない。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。