スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日記1998【5】私の破綻面接日和(了)





    (1001字    1998年6月15日に記す     2012年6月補筆修正)
         本日、造園工事の仕事を請け負っている会社に面接に出向いた。場所は地元から近いとは言い難い。今まで受けてきた面接場所に比べれば、倍以上の時間を有しただろう。
     まず山手線を降りS駅まで、改札を抜けると目の前にはバス・地下鉄といった具合に案内が出ているのだが、両出口でバスが出ていることを知らず、そのくせ職安でどちらのバスターミナルに行けばいいのか教えてもらっていなかったのだ。とりあえず私は歩きなれた東口から見て回ることにした。
     と言っても、その頃の時間は決して予定よりも早いというわけではなく、実際のところは順調に行かなければ時間はすぐに足りなくなる状態であるが。
     すでにだいぶ歩き廻り、改札を抜け東口の奥まった所まで来てしまっていたので、違っていたらと一瞬でも考えると小便が漏れそうな恐慌状態だった。結局東口のバスターミナルではなく逆の西口だったらしく、私は歩いてきた道を引き返す最中にも何となく足が上手く進まずもつれる気分で、もうはっきり言って億劫になりつつあった。どうせ間に合わないなどという風に、自分で悪い方向へばかり思い巡らせるようになってしまう。悪い病気が再発したか、それまで抑えていた不安は一気に増大した。
     
     一応あっているはずのほうへ向かい、早歩きをしながら額から流れる汗を袖で拭ったついでに時計を確認すると、逆算する限りではぎりぎりまだ間に合う。すると妙な使命感の如きものが無闇にも沸き起こり、探していたバスターミナルが遠くに見えてきたせいもあってか、急がなければ急げばなんとかなるんじゃ、と焦って次第に小走りになりながら人波を掻き分け進み、目的のバスターミナルを目指した。
     正直に言って結果はさほど気にしていなかったが、なにはともあれ面接には行きたかったのだ。私には面接を無事にこなした既成事実が欲しかったというのが嘘偽りのない気持としてあり、本心の半分を占めていたのだと言えるだろう。
     残りの半分は、就職に対する少なからぬ意志である。そこにはこれ以上親に心配をかけるわけにはいかないとの理由が、確かにあった。複雑な心境である。仕事に就いていない場合、特にこれといったメリットがないのだからもちろん就いているほうがいい。このことについてはまたのちにでも書きたい。考えが纏まりそうならば。
     運よく時間に間に合い面接場所にも辿り着き、どうやら無事終わったのだ。あとは結果を電話の前で正座して待つしかない。         




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。