スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タイ旅行、後日まとめ記【6月24日/6月27日】~1







    ※宿のベッドへ横になりながら、または小休止のベンチのちょっとした自由な時間につけたメモから起こしたものです。
    すぐ下記にあります宿の名前くらいはいくつかの歯抜けを除けば合っているはずですが、移動するたびに細かな地名を記述することはあまりしておりませんし、交通機関等々の情報(経路・時間・バス路線の番号等)に関しましても、当時として正しいかったのかどうかの自信はありません。ですが、15年前のことで色々と変わってしまっている部分もあるでしょうから、多少大目に見て頂ければ幸いです
    ここから有用な旅の情報を得ることはできませんで、あくまで無益な、精々暇潰しに興す目的の読み物として眺めていただくことが私の狙うところでございます


    ゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【2000年(以下略)6月23日】1日目
    グリーンハウス〈バンコク〉 【6月24日】2日目 
    列車乗車(バンコク→ハジャイ行き) 【6月25日】3日目
    リドホテル〈ハジャイ〉 【6月26日】4日目
    バス乗車(ハジャイ→クアラルンプールペナン島行き) 【6月27日】5日目
    ゲストハウス〈クアラルンプールペナン島〉 【6月27日】5日目
    スイスホテル〈クアラルンプール〉 【6月28日】6日目
    チャイナタウン旅社〈クアラルンプール〉 【6月29日】7日目
    マラッカゲストハウス〈クアラルンプール_マラッカ(インド人街)〉 【6月30日】8日目
    ゲストハウス〈クアラルンプール〉 【6月31日】9日目
    利民旅社〈クアラルンプール〉 【7月1日】10日目
    バス乗車(クアラルンプール→ハジャイ行き) 【7月2日】11日目
    ゲストハウス〈ハジャイ〉 【7月2日】11日目
    リドホテル〈ハジャイ〉 【7月3日】12日目
    列車乗車(ハジャイ→バンコク行き) 【7月4日】13日目
    HARNゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【7月5日】14日目
    列車乗車中(バンコク→チェンマイ行き) 【7月6日】15日目
    SKハウス〈チェンマイ〉 【7月7日】16日目
    山小屋〈チェンマイ_トレッキング中〉 【7月8日】17日目
    SKハウス〈チェンマイ〉 【7月9日】18日目
    列車乗車中(チェンマイ→バンコク行き) 【7月10日】19日目
    HARNゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【7月11日】20日目
    ステーションホテル〈バンコク_ファランポーン駅周辺〉 【7月12日】21日目
    ステーションホテル〈バンコク_ファランポーン駅周辺〉 相方と別れる 【7月13日】22日目
    ステーションホテル〈バンコク_ファランポーン駅周辺〉 【7月14日】23日目
    マルコポーロゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【7月15日】24日目
    マルコポーロゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【7月16日】25日目
    マルコポーロゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【7月17日】26日目
    マルコポーロゲストハウス〈バンコク_カオサン通り〉 【7月18日】27日目
    帰国 【7月19日】28日目

      
    【2000年(以下略)6月24日】に記したメモから(2498字)
     昨日バンコクに着きました。(6月23日午後7時着便?)彼とともに、ドンムアン空港からカオサン通りまで。交通手段は駅から高速バスでといった感じでして、旅の初っ端からいくらか散財をしてしまったのです。といっても前回のタクシー500B(タイバーツ=タイの通貨 当時は1B=3.5円くらいか)よりの進歩のほどが窺えるでしょうか。
     飛行機にしろ高速バスにしろ散々待たされていましたが、前に較べてみれば彼の文句や訳の分からない意見なども聞かされる面倒や被害(!)が少なく、いくぶんか楽であったのも事実であります。こんなことを書くと彼に何を言われるか分かったものではないですけど。

     最初に泊まった宿は、名前も憶えていませんが小奇麗なゲストハウスでした。設備は悪くはないのですが、シャワーに関しては不満が少々。こちらにしてみれば何をそんなにと思ってしまうくらいに、料金について彼は頭を悩ませているらしいのです。お金に関して(だけ)は本当に細かいことを気にするのですね。
     しかも気にして欲しい、もっと重要だと感じる事柄に関しては全くといっていいほど、考慮する素振りすら見せないのがまたなんとも――むしろそういったことを気にしている私を、些細な点でいちいち気に病む男だと小馬鹿にしたような態度すらとるのです。
        まあよし、とりあえず思いなおすことにしましょう。腹を立てるのはあまり建設的ではありません、自らのいささか過ぎた決断の迷いや逡巡から来たものも当然というか少なくは無いのですから。仮に原因の一端があちらにあったとしても、必要以上に相手を攻めてみたりその結果に自虐的な気分に落ち込むなど、あとになって考えてみてもやはりアホらしいことです。
     いかにも気にするほども無いのでしょう。これが彼に読まれた日には、なんともまたネチネチと言われるのではないかと心配ですが。


    【6月27日】に記したメモから 久しぶりに筆を執ります。三日目の朝9時、我々はハジャイ行きのチケットを予約していたカオサン通りの旅行会社へ行きました。驚いたことに(旅行会社の人間からしてみれば当然なのでしょうが)昨日の昼前に行かなければならなかったそうで、店のおばさんは呆れ顔半分に、残念がっているというより何かを悲しんでいるのではないかと見える様子。もちろん我々が約束の時間を忘れていたことに全ての問題があるのです。
     私は駄目になったのなら仕方が無いだろう、別に予定やら行き先を変えてもいいかなどと楽観的にいましたが、結局彼がその場で粘り、格安でチケットの内容を変更してもらえたのです。
     彼に散々言われて腹を立たせながら、確かに自分にも落ち度はあるけど同時に『お前のせいでもあるんだぞ』と言いたかったのですが、多分無駄なだけだし、空しさが増す一方で余計に言い争いが長引くだけでしょう。

     前の旅行のときもそうなのですが、人に任せることがやたら多いくせに、こちらが失敗すると呪いの森に住む魔女の如く呪詛の言葉をいつまでも投げつけてくるのですね。半ば癖なのでしょうか、最初は強烈でも途中からは面白半分のオチャラケのようでして、どうやら本人もそこまでの悪意はないのかもしれませんが、ただあまりにしつこく感じて腹を立ててしまいそうになるのです。ちょっとした出来事が実は今朝方にもありました。
     全くもって1日あったことを書いていくときりが無く、それこそ膨大な文章の量になってしまい旅記本来の趣旨からも逸れてしまう恐れがあるので、内容については色々考慮した上で割愛していかなければならないでしょう。自分自身にある意味では申し訳なく思うことも少なからずあるとはいえ……。

     鉄道までの道のりに関しても意外と面倒でして、店のおばさんに教えてもらったルートは二人ともなんとなく理解出来たという程度なのに、トゥクトゥクで駅まで行くことについては彼が保留にしたせいもあり、仕方なくバスで行く羽目になったのです。嫌な予感しかありません。
     ナンバーは分かるがどこから出ているか分からない、はなはだ無鉄砲といえる行動に私は少しばかり不安を感じ、彼の無計画さを呪いたい気分です。やはりトゥクトゥクを利用するべきではと肩を叩いて促すべきか迷い、それを口にしても無駄なのだろうなと結局諦めて(腹をくくって)後について歩き始めたのです。

     スクンビット通りまで市営バスで行き(実際には目印となるものも無くうつらうつらと乗っていた結果、運良く辿り着いた)、一旦車を降り東バスターミナルからの駅までの行程に関して調べてみました。
     しかしまた悩まされることになったのですね。前の夜に『地球の歩き方』を調べバスのナンバーについては判明していたのですが、1・20・43という3種類の数字を冠するバスがあるとの大雑把な情報でしかなく、それら系統のバスのルート上に目的のファランポーン駅があるらしい、と。
     我々は検討の結果まず乗るしかないだろうと結論し、もしも乗り過ごしやまたはバス自体に乗れないことがあったら、今度こそトゥクトゥクで行こうと決めたのでなにやら一安心です。初めてきた国でわざわざバスの系統を調べ、正しい経路を選択出来る自信など私には無かったのです。もちろん彼がそんなことを得意とするなどの話を聴いたこともありませんし。
     結局不安は的中せず、バスを利用して駅には無事に到着したのです。先ほど説明の通りチケットの内容を変更していたので(例の何かを悲しんでいるかの顔をしたおばさんのところで頼み、チケットの内容つまり出発時刻をずらしてもらっていた)、着いた頃にはすこぶる時間が余り、我々は不届きにも昼からビールを大瓶3本も飲んでいたのでした。
     気分もすっかり良く、我々はひたすら飲んでは待ち続け、やがて到着した列車にいくぶん心もとない足取りで乗り込んだのです。随分と朝から急かされたような気がしていましたが、もうそんなことはどうでも良くなっていたのです。なんとも現金なものと言いましょうか、まあ、旅は気楽に行きたいですね。もし可能ならば。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 旅行記
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。