スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タイ旅行、後日まとめ記【6月30日】~9 修正版






    (2080字)
     相方は無神経で言ってみれば動物的な直感のようなものに従って動いているわりに、却って功を奏するときが多くその度に閉口させられるのですね。
     この文章を彼が見ればもちろん否定するでしょう。私とはだいぶ視点や感覚の異なる――場合によってはありえない、いささか常識に反する気さえしていた――、言動や物の見方をこの旅記でうまく描けていないことは、現実に1日中接している自身が一番分かっています。それを伝えるにこの筆は拙いのだと常に感じている以上、他の人の賛同が得られなくとも仕方のないことなのかもしれません。

     私は自分自身についてこう考えています。非常に薄情で残酷なところがあって、というのも結局はプライドだけやたら高いわりに身が伴わないので他を遠ざけ、自己中心的になっているからなのだと。
     それらが時として大体悪いように影響し、人よりいくらか多感(臆病、の間違い)なあまりに自らの考えや行動について否認のあいだで揺れるのです。まるで無数の針の山の上を転がる風船、ではないかと思いました。風船に水が入っていなければ割れることはありません。その水は今回の場合、彼のいい加減さに対する感情であり、同時に結果として見れば要領が悪かった、上手くやれなかったのは私のほうだったという心を重く々々させる屈辱感、疲労感もなのです。
     いつでも風船の口は開いているようでして、許容量は常に少ないのです。ところが自分の感情をごまかしてそのことを考えまいとしても、穴から全ての水が抜けて過去から溜まってきた感情が無くなるというわけではないのが困りものなのです。あるいは、本当に面倒なのはいつまでも入れ替わらない古水が作り出す、水垢か澱のような記憶なのかもしれません。
     随分とケチ臭いながらも少しばかり病的な感覚を持ってしまっているのではと、常日頃無闇にも患うのですね。実に漠然としていますが、異常なのは彼でなくて私のほうなのではないかというふうに。

     彼は少しわがままで、見栄張りで自分に正直なわけです。頭ではある程度分かっているつもりで書いてはいても、所詮はどこまで行っても私が知っている姿であり、近くで目にしていない部分も含めた全てを理解出来ているわけでは、もちろんないのです。今まで書かれたいわば彼への理解に表現の適切さの問題がないとはいえませんが、全て実際に起こったことであり嘘はありません。
     ただ嘘ではなくとも、彼の態度に対して受け入れられないとの感覚を抱くことが決して少なくはなく、そうなってくるとむしろ自分のほうの問題なのではないかと逆転した捉え方をしてしまうのです。当然の反応として生まれたはずの感情は大袈裟で釣り合いの取れない、実は本来必要なかったものを過剰に作り出し、こねくり回しているだけなのではないかといった疑念に目を向けざるを得ないのです。

    追記〈3〉2013・10・08 再度件の場面を振り返り、自分自身についてこう考えさせられました。私は実際他の中身などない、薄弱さのみで出来たその塊みたいな人間なのです。
     どうにかこうにか勘違いした末で作り出した自らへも見え透いて寒々しい克己心まがいやら、人へ押し付けしない自信のなさをあえて正しさや慎みとでもすり替えて理解させておく道徳感情などに支配されているのです。私は自身のみが配役された安芝居を演じる側の立場にいて、人生や友人の前で表面的に演じているのです。本性は徹底して底が浅く、基本が欺瞞に満ちているのだと。 追記〈3〉了


     正直、彼を殴ってやりたいと思ったこともありました。しかしそれでは自分の気が晴れないのです。瞬間の怒りや不満の感情には一つの休息を与えることになるかもしれませんが、行動によって一時的に感情を表に出すことにはなったとしても、同時に原因となるものを棚上げにすることでしかなく同じようなことがやがて繰り返されるでしょう。
     何より、向こうがこちらの感覚を理解していなければ根本的な解決にはならず、それがないから私は彼とのあいだに齟齬を感じるのですから。
     ただ確かに大切な友人であり、私をこの旅行の相手として選んだことについては事実嬉しくあるのです。
     旅の地での新たな喜びなどに遭遇するたび、そのことが相方の助力や存在あったればこそと感謝することも、ごく自然な感情として沸き起こるのでした。また今回の旅を受け入れたのも相手が彼だったからで、他の友人からの誘いだったらどうだったかはなんとも言えません。少なくとも、今までに異国の地においても互いに心から笑いあっていた数多い瞬間を忘れてはいませんし。
     分かりあえない部分が例え小さくない違和感として在り続けたとしようと、これは現実的な問題としてやや情けなくもありますが、英語も碌に喋れず異国の地に一人放り出されるなぞは、私にとっては心細いという程度の不安では到底言い表せない、非常に恐ろしいことでした。
     結局、遅かれ早かれ別れを選択する以外に道はないのではないか、特に当時いずれ避けられぬ瞬間について考える際、胸にある空洞を一陣の風が吹き通るように悲しくも多少虚しくさせられたのでした。




    [貴方の応援が励みになります!!]

    エッセイ・随筆ランキングへ
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 旅行記
    ジャンル : 小説・文学

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    プロフィール

    Ununz

    Author:Ununz
    Ununzです。自作小説・エッセイ・他雑文・ 夢日記・旅行記を発表していきます。御用の方は[junejulyonline55@gmail.com]か、ページ下部にあるFC2メールフォームからお願いします

    なおリンクを随時募集しております。相互リンクを御希望の際はカテゴリ【リンク関連】へコメントを頂ければ助かります

    ランキングに参加しています
    まだまだ、もっと大きくなります。これからです
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    お気に入り 修正版
    登録&ひろがるリンク(BlogPeople用)
    ブロとも一覧

    LEVEL1 FX-BLOG
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    CustomRssReader
    村内回覧板
    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。